人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年11月7日

慶應義塾、無敗の明治を撃破。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

黒黄と紫紺。毎年接戦を繰り広げる因縁の対決が今年も秩父宮で行われ、多くのラグビーファンが駆けつけた。

明治大学は春季大会を全勝で制し、今季もここまで無敗と、言わずもがな実力は折り紙つき。しかし、選手たちは「春と秋は全く別物」(SO古田京主将=医4・慶應)と、自分たちのラグビーを80分間続けることをテーマに臨んだ。

わずかに風が吹く中での試合開始。主導権を握ろうとする両チームの攻防の中で、最初にわずかな隙を突いたのは慶應義塾大学だった。

敵陣5mライン付近での相手ボールラインアウトで、相手のリフトを越えたボールをFL(フランカー)川合秀和(総3・國學院久我山)がキャッチ。そのままインゴールへと持ち込み、大事な先制点を奪う。

しかし、10分に迎えたファーストスクラムからマイボールをスチールされると、そこから明大の「重戦車」と称されるFW(フォワード)の猛攻を受ける。ゴール前までじりじりと詰め寄られ、最後は凌ぎきれずに失点。

追い上げられた慶大だが、すぐに反撃に出る。敵陣5mライン付近でマイボールラインアウトを獲得。確実にキープすると、ボールを受けたFL山本凱(経1・慶應)がグラウンディング。チャンスを生かし切り、リードを広げる。

その後の時間は、互いにペナルティを犯し、陣地を取っては取り返すことの繰り返しに。しかし、その中で30分、明大が慶大ディフェンスの一瞬の隙を突く。ショートパントを効果的に使われ、後ろから走りこんできた選手にトライを許した。

抜群の得点嗅覚を持つ川合

再び2点差に詰め寄られたが、38分に左サイドでのラインアウトから中央へ展開し、ゴール前へ。

最後は、ゴールポスト下でのラックからボールを持ち出した川合が、ラックの上を鮮やかにジャンプで飛び越えてトライ。21-12とリードを広げ、前半を終えた。

雨がぱらつき始めた中での後半。序盤は中央から攻撃を仕掛けながらも、互いにペナルティでマイボールをキープできない時間が続く。

9分には明大がアタックのテンポを上げてゴール前へ。ゴールラインの手前で、近場を突くプレーを継続されるが、慶大の低いタックルがプレッシャーを与え、ここはなんとか凌いで陣地を回復した。

しかし、後半最初のトライは明大。相手ボールスクラムから素早く展開され、最後は相手WTB(ウィング)にインゴールを割られる。

さらに28分、相手ボールを継続されると、左サイドへのカットパスに対応が間に合わず失点。残り少ない時間となる中で、この日初めて明大にリードを許す。

3点差を追いかける慶大に残された時間は約10分。「自分たちのアタックやディフェンスをすればできる」(古田)と逆転を虎視眈々と狙っていた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ