人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2018年10月5日

ザ・ラグビーチャンピオンシップ 最終節の見どころ

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
キアラン・リード

第4節のキアラン・リード

対するオールブラックスは、プーマス戦から4名のメンバー変更だ。102キャップのPRオーウェン・フランクス、キャプテンのNO8キアラン・リードが戻ってきた。SHはTJ・ペレナラからアーロン・スミス、アウトサイドCTBはライアン・クロッティーから6キャップ目となるジャック・グッドヒューに代わる。グッドヒューはソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)とのCTBコンビだ。負傷者を除けばベストの布陣に近づいたが、オールブラックスは来年のラグビーワールドカップに向かってさまざまなコンビネーションを試しながら着実に歩みを進める。どんなエキサイティングなトライが生まれるのか楽しみだ。

もう一試合は、アルゼンチンのサルタで行われるプーマス対ワラビーズ。9月15日、オーストラリアのゴールドコーストでの対戦ではプーマスが23-19で勝っている。ワラビーズは第3節からSOを務めたカートリー・ビールをインサイドCTBに下げ、SOにはバーナード・フォーリーが復帰。マット・トゥムーアはベンチに下がる。対するプーマスは、不動のSOニコラス・サンチェスがゲームをコントロールする。ホームでめっぽう強いプーマスの連勝か。ワラビーズが意地を見せ、日本でのオールブラックス戦に期待感を増幅させてくれるのか。実力は拮抗。僅差勝負になりそうだ。

村上晃一

村上 晃一

ラグビージャーナリスト。京都府立鴨沂高校→大阪体育大学。現役時代のポジションは、CTB/FB。86年度、西日本学生代表として東西対抗に出場。87年4月ベースボール・マガジン社入社、ラグビーマガジン編集部に勤務。90年6月より97年2月まで同誌編集長。出版局を経て98年6月退社し、フリーランスの編集者、記者として活動。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ