人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年6月19日

「長かった、辛かった……」笹原右京&ジュリアーノ・アレジがSUPER GT初優勝を飾るまで

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

SUPER GT第3戦のGT500クラスを制したNo.37 Deloitte TOM’S GR Supra。

鈴鹿サーキットを舞台にして開催された2024SUPER GT第3戦。GT500クラスでは、予選から速さをみせたNo.37 Deloitte TOM’S GR Supra(笹原右京/ジュリアーノ・アレジ)が優勝。2人にとっては念願のSUPER GT初優勝となり、大きな重圧から解き放たれたレースとなった。

TOM’Sの37号車といえば、かつては平川亮/ニック・キャシディのコンビで活躍し、2017年にシリーズチャンピオンを手にすると、その後も毎年のように王座争いに絡む走りをみせた。そんな平川は現在FIA世界耐久選手権(WEC)のTGRチームで活躍するほか、マクラーレンF1チームのリザーブドライバーとしてグランプリの現場に帯同している。相方だったキャシディもフォーミュラEで快進撃をみせ、第12戦を終わってランキング首位につけている。

2022年にはサッシャ・フェネストラズと宮田莉朋がコンビを組んで参戦し、第4戦富士で勝利を果たした。今季フェネストラズはフォーミュラE、宮田はFIA F2にELMSと活躍の幅を広げている。

そんな37号車のシートを2023年から引き継いだのが笹原右京とジュリアーノ・アレジ。さらにマシンのカラーリングもガラリと変わり、大きな注目を集めた。しかし、周囲の期待に反してシーズン序盤から苦戦を強いられてしまう。

2024シーズンにカラーリング一新した37号車。

2023年シーズンは8戦中5戦でポイントを獲得するものの、最高位は第2戦の6位。中盤あたりから予選も含めて上位に食い込む機会も少なくなり、ドライバーやエンジニアから笑顔が徐々に消え始めていた。

それとは対照的に、同じTOM’SのNo.36 au TOM’S GR Supraは坪井翔と宮田莉朋のコンビで昨シーズン3勝を挙げてシリーズチャンピオンを獲得。今季は宮田が海外に拠点を移し、山下健太が加入。それでも他を圧倒する強さは相変わらずで開幕戦で優勝を果たすと、第2戦富士でも46kgのサクセスウェイトを背負いながらも着実に追い上げて4位入賞を飾った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ