人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年6月14日

2ヶ月ぶりのレースはドゥカティのお膝元で開催! | FIM スーパーバイク世界選手権 2024 第4戦 ミサノ(イタリア) プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
FIM スーパーバイク世界選手権 2024 第4戦 ミサノ(イタリア)

FIM スーパーバイク世界選手権 2024 第4戦 ミサノ(イタリア)

市販スポーツバイクをベースにした車両で争う「FIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)」が約2ヶ月ぶりに再開します。2024年シーズンの第4戦はイタリアのミサノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリで6月14日(金)〜16日(日)に開催されます。今季もJ SPORTSでは全12ラウンド(36レース)を生放送。今回は第4戦・ミサノのレースプレビューをお届けしましょう。

4月の第3戦・アッセン(オランダ)以来の開催となるWSBK第4戦。サマーブレイクを除くとシーズン中にこれだけブランクが開くことも珍しいです。今季はヨーロッパ中心のカレンダーの中、オリンピックの開催も影響してか、多くのレースが秋に固まっており、変則的なスケジュールになっています。

さて、2ヶ月ぶりということで、今シーズンの序盤3戦を振り返っていきましょう。2024年はライダーの大型移籍が相次いだだけでなく、レギュレーション面でも様々な変更が加えられたために、昨年以上の混戦になると予想されていました。蓋を開けてみると、それは狙い通り。チャンピオンのアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の圧倒的優位性は無くなり、様々なライダーがトップ争いに絡むシーズンとなっています。

2021年のWSBKワールドチャンピオン、トプラク・ラズガットリオグルが加入した「BMW」は昨年までの不振が嘘のような進化ぶり。一方で共にチャンピオンを数多く獲得してきたジョナサン・レイが離脱した「カワサキ」は開幕戦からアレックス・ロウズが2勝を含む3度の表彰台を獲得するなど活躍。「ヤマハ」に移籍したジョナサン・レイは逆に元世界王者とは思えないほど苦戦を強いられるという状況になっています。

また、「ドゥカティ」には昨年のスーパースポーツ世界選手権チャンピオンで、ルーキーのニッコロ・ブレガが加入。いきなり現役チャンピオンのチームメイト、アルバロ・バウティスタと優勝争いを展開するまでになっています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ