人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年6月7日

日本人ライダーで参戦するチーム・エトワールに期待! | FIM 世界耐久選手権(EWC) 2024 第2戦 スパ・フランコルシャン8時間耐久ロードレース プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
FIM 世界耐久選手権(EWC) 2024 第2戦 スパ・フランコルシャン8時間耐久ロードレース

FIM 世界耐久選手権(EWC) 2024 第2戦 スパ・フランコルシャン8時間耐久ロードレース

「鈴鹿8時間耐久ロードレース」(鈴鹿8耐)を含む全4戦で争うFIM EWC(世界耐久選手権)の第2戦がベルギーのスパ・フランコルシャンサーキットで開催されます。「J SPORTS」では今季も4戦で開催される2輪の耐久レースシリーズを放送。今回は6月8日(土)に開催されるFIM EWC第2戦「スパ・フランコルシャン8時間耐久レース」のプレビューをお届けしましょう。

レースイベントのタイトルの通り、今年のスパは24時間レース改め8時間レースに短縮されました。2022年、23年と2年開催されたスパ24時間でしたが、流石に1シーズン4戦中3戦が24時間レースとなるとコスト面はもちろん、マシンへの負担が大きいこともあるのか、今季はフランスでの第1戦ル・マン、第4戦ボルドール(ポールリカール)が24時間レース、そして第2戦スパフランコルシャン、第3戦鈴鹿が8時間レースというシリーズ構成に改められました。

24時間耐久レースはマシンへの負担も大きく、パーツのライフサイクル的にもほとんどが使い終わってしまうことになるでしょう。次のレースに向けては多くのパーツを新しいものに交換せねばならず、レースから2週間後に鈴鹿8耐の合同テストがあり、さらに今年は6週間で鈴鹿8耐本番がやってくることになりますから、ヨーロッパのレギュラーチームは準備が大変です。

シリーズとしてはできる限り鈴鹿8耐をスキップせずに全戦出場して欲しいという意図があるでしょう。近年はコロナ禍だったこともあり、鈴鹿8耐に参加する年間参戦チームは少なめでした。円安の今だからこそ海外チームは鈴鹿に来たいはずですよね。今年はポイントの割合的にも鈴鹿8耐はスキップできない状況ですから、夏の8耐には昨年以上の年間エントリーチームの参加が期待されています。

さて、4月のル・マンで開幕したFIM EWC。ル・マン24時間レースは稀に見るサバイバル戦となりました。序盤から優勝候補の「F.C.C. TSR Honda France」(ホンダ)、「Yoshimura SERT Motul」(スズキ)らのトップチームに転倒が発生し、「YART YAMAHA」(ヤマハ)がレースをリード。8時間経過時点では「YART YAMAHA」(ヤマハ)がトップを走行します。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ