人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年5月31日

富士3時間レースで垣間見えた2024GT500勢力図、果たして鈴鹿3時間はどうなる?

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

ホンダはCIVIC TYPE R-GTはホームコースで初優勝なるか!?

2024 AUTOBACS SUPER GTシリーズ。今週末に行われる第3戦の舞台は三重県の鈴鹿サーキットで、前回と同様に3時間のフォーマットが導入される。昨年までと比べると周回数は増える見込みではあるが、3時間というフォーマットだと、特にGT500クラスは戦略の幅が少なくなる印象で、どのチームも均等割りでの対応になりそう。コース上でのペースとGT300との混走をうまく使って上位を目指していく戦いとなるだろう。

そんなGT500だが、今年からホンダはCIVIC TYPE R-GTを導入し開幕戦、第2戦と表彰台に上がる走りを披露。日産ZとトヨタGRスープラは、ベース車両こそ変わらないものの、エアロ部分を変更するなど様々なアップデートが施されている。

新しいパッケージで迎えている2024シーズンだが、第2戦富士を終えた時点で大まかな勢力図が見えてきた。

これまでストレート勝負と言えばGRスープラが他を圧倒する速さをみせていたが、岡山の開幕戦ではワンツーフィニッシュを飾った一方で、第2戦富士ではNo.36 au TOM’S GR Supra(坪井翔/山下健太)の4位が最上位という結果。予選でみるとNo.14 ENEOS X PRIME GR Supra(大嶋和也/福住仁嶺)の7位が最上位となった。もちろんサクセスウェイトの影響もあるので、一概に判断はできない部分もあるが、今季は“強い”と言われていた富士で苦戦を強いられたという印象は強い。

No.14 ENEOS X PRIME GR Supra

逆に昨年まで活躍していたホンダNSX-GTはコーナーで強い反面、ストレートで劣ることが多かった印象。これに対して今年デビューしたCIVIC TYPE R-GTは、第2戦富士でも力強い走りをみせ、予選でもNo.17 Astemo CIVIC TYPE R-GT(塚越広大/太田格之進)がポールポジションを獲得するなど、ライバルと競り合える速さを披露した。

もちろん、ひとつのレースだけで判断はできないところではあるが、パドックの雰囲気を見てもホンダ勢からは「富士で戦える」という手応えを感じる声が聞こえてきた一方、トヨタ側からは「得意の富士ではなくなった」という声が聞こえてきた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ