人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年5月28日

2024年WRC第6戦ラリー・イタリア・サルディニア プレビュー 個性の強い7戦連続のグラベル

Mr.フクイのものしり長者 de WRC ! by 福井 敏雄
  • Line

グラベル戦が続くWRC世界ラリー選手権。

前戦ポルトガルを含め、これから9月末までそれぞれ個性の強いグラベル7連戦となります。

本年から採用されたポイントシステムは、ポルトガルでも悪戯をして優勝のオジェは25ptに対し2位のタナクは26pt、3位のヌーヴィル24ptと優勝の重みが全く感じられない状況になりました。新ポイントシステムに対する批判はこれからも出てくるでしょう。

ラリー・イタリアは、1928年にFlowerラリーとして本土のサンレモをベースとして開催された歴史の長いイベントで1973年のWRC発足以来のメンバーです。欧州のバカンスと開催時期が重なり、ラリーによる交通渋滞が起きていたことから2004年より地中海最大の島であるサルディニアに移転しました。なおサンレモ時代の路面はミックスでした。

サルディニアに移った最初の2004年の優勝者は、スバルのソルベルグでした。歴代の優勝者はローブとオジェが4回、ヌーヴィル3勝、ソルドとタナクがそれぞれ2勝。直近5年間ではヒョンデが4勝と圧倒的優位です。

サルディニアの路面は、サファリやアクロポリス並みの悪路。だいたいソフト路面でSS先行スターターが不利と考えられていますが、後発ドライバーは先行車が撒き散らした石ころに悩まされることになります。ミッキージャンプと言われる周期の短い連続ジャンプやウオーター・スプラッシュもあります。このような悪路ラリーにも関わらず3日ともに中間サービスが設けられていません。(タイヤ交換サービスはあります)

新ポイントシステムによる争いは、ヌーヴィル110pt、エヴァンス86 pt、タナク79 pt、

フルモー71 pt、オジェ70 pt、勝田49 pt、ロヴァンペラ36 ptの順になっています。メーカーポイントではヒョンデ219 pt、トヨタ215 pt、フォード110 ptとなっています。

今回のメーカーエントリーは、トヨタが歴代5勝目を狙うオジェに加えエヴァンスと勝田の3台体制。ヒョンデはヌーヴィル、タナク、ソルドの3台。フォードは好調フルモーとミュンスターの2台です。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ