人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年5月16日

小暮卓史選手(No.88 JLOC Lamborghini GT3)「ドライバー交代をする前はすごく緊張した」 | SUPER GT 2024 第2戦 富士【SUPER GT あの瞬間】

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

── 装着パーツというのが、例の”あれ”ですか? 則竹代表が前日に名古屋のセントレア空港まで取りに行ったという?

小暮:そうです、そうです! (則竹代表に)取りに行っていただきました。(パーツがサーキットに)到着したのがもう結構夕方遅くて。で、チームの人たちが早速フィッティング作業して、着けてつけてくれたんですけど、すんなり着くものでもないし。パーツが到着したのがギリギリっていうか……もし、次の日だったら、もう(レースに)間に合ってなかったわけです。なので取りに行ってくれた則竹さんにも感謝したいですね。

── 今回のレースは、SUPER GT初の3時間という時間制のレースになりましたが、チームとしての戦略はどのようなものでしたか? 意識したライバルはいましたか?

小暮:同じヨコハマ勢としては4号車(グッドスマイル 初音ミク AMG)が近く(予選2位)にいましたし、彼らは決勝レースが速い、強い、という意識がありました。実際やっぱりレースも速かったですね。それだけでなく、56号車(リアライズ日産メカニックチャレンジGT−R)も来るだろうし、手強いライバルになるだろうなと思っていました。また、ブリヂストン勢でが実際に52号車(Green Brave GR Supra GT)がタイヤを交換しなかったし。僕たちの戦略は、(ファーストスティントに続いて)セカンドステントを元嶋選手、最後のスティントを僕が担当するという形で、ひとりのドライバーが2時間以上乗っちゃいけないので、そこらへんを調整しつつ、とりあえず周りのクルマとの状況を見ながら戦略を進めていこうという流れでした。

── レース展開を見る限りは、チームとして理想的な形で、後続とのマージンも開いていたように見受けられました。一方、優勝会見では、元嶋選手が「20秒以上後ろのクルマとマージンがなければピットストップでタイヤを4本替えない」みたいな話があったと話していましたね。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ