人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年5月16日

小暮卓史選手(No.88 JLOC Lamborghini GT3)「ドライバー交代をする前はすごく緊張した」 | SUPER GT 2024 第2戦 富士【SUPER GT あの瞬間】

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line

無料動画

小暮卓史選手(No.88 JLOC Lamborghini GT3)「ドライバー交代をする前はすごく緊張した」 | SUPER GT 2024 第2戦 富士【 #SUPERGT あの瞬間】

小暮:富士は、僕が得意としているサーキットではないのですが、相方の元嶋選手はすごく相性がいいと言うか、富士が速く、得意にしるんです。なので、Q1で元嶋選手が結構いいタイムでトップだったので、僕としてはかなりプレッシャーを感じましたし、ドキドキしたんです。ただ、実際走って大きなミスもなくしっかり走れたので。特に(予選結果は)ふたりの合算タイムなんですが、自分がトップで終えられるっていうのはデカいと思うので、結果的にトップが獲れてすごくホッとしました。

── そのぐらいプレッシャーがあったんですね。

No.88 JLOC Lamborghini GT3がポールポジションを獲得

ポールポジションを獲得

小暮:ありましたね。やはり後乗り(Q2担当)のドライバーは特にそうなのかもしれないですが、初めに乗る(Q1担当)ドライバーのタイムに目が行っちゃうので、自分でコケない(失敗しない)ようにと、良からぬことをいろいろ考えてしまうので。特に相方がトップで通過したら、自分自身もなんかやっぱりトップで通過したいと思うのが普通なので。

── 岡山とはアタックする順番が変わりました。岡山では、小暮選手がQ1を担当。今回なぜ変わったのですか?

小暮:昨年度までは僕がQ2を担当することがすごく多かったんです。今年はQ1担当がニュータイヤを履くっていう状況なので、やはり得意なドライバーが(Q1を担当して)ニュータイヤを履こう、と。もちろん、Q2も重要なのでなんとも言えないところなんですが、今回の富士に関して言うと、元嶋選手がすごく得意で好きなサーキットだと言ったので、元嶋選手がQ1に行ったんです。

── 昨シーズンの第4戦富士でクルマがEVO2にアップデート。その後迎える初の富士戦でしたが、クルマはどう進化・変化していますか?

小暮:今回までにテストが何回かあったので、テストのデータを元に、タイヤを含めてアジャストしました。あと、ルーバー……ラジエターからの熱の排出口のパーツを今回新たなものにしました。大きなところで言うとそのふたつですかね。クルマ自体はどんどんセッティングを煮詰めていますが、EVO2用のルーバーが本来あったんですが、(第1戦岡山では)まだついてない状態だったんです。 今回、それを装着したんです。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ