人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2024年4月26日

中山雄一選手(No.39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra)「何回か危ないシチュエーションがあって、そのたびに心拍数が上がった」 | SUPER GT 2024 第1戦 岡山【SUPER GT あの瞬間】

SUPER GT あの瞬間 by 島村 元子
  • Line
No39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra

No39 DENSO KOBELCO SARD GR Supra

「あのとき、何があったの?」__ レースウィークの出来事、ドライバーに話してもらいたいと思いませんか? タフなレースを終えたドライバーに改めて話を聞く「SUPER GT あの瞬間」。2024年シーズンもレースの舞台裏に着目し、ドライバーの気持ちをコラムでお伝えします!

初夏のような好天気に恵まれた開幕戦岡山大会。一方、今シーズンからレギュレーションが改定されたことを受け、各チーム、ドライバーは不確定要素の多い戦いに臨むことにもなった。そのなかで、チームの強みを最大限活かした戦いが出来たチーム……それが、No.39 DENSO KOBELCO SARD GR Supraだ。後半スティントで長きにわたって攻防戦を制して2位表彰台に上がった中山雄一選手が初戦を振り返る。

── 予選2位からスタート、決勝では攻防戦を凌いで2位表彰台を獲得を果たしました。

中山雄一(以下、中山):テストの時間が十分だったとは言えないですが、スープラが今シーズンに向けてアップデートされて、新しくなったスープラにはどういったセットが一番合うのかをチームみんなで考えて(レースに)臨みました。予選で2位を獲れたのですが、僕は2年前(の岡山大会)で予選2位から順位をどんどん落として……(決勝8位)というレースをしてしまったので、その悔しかった思いもあって、「同じ2位からリベンジできるぞ」と思っていました。決勝では、ファーストスティントの関口(雄飛)選手もちょっと苦しそうな状況があったんですけど、バトンを2番で受け継いで、僕も新しいシビックの100号車(STANLEY CIVIC TYPE R−GT)の山本(尚貴)選手の猛追を受けながら走るという51周でした。でも、クルマのフィーリングがすごく良くて、最後の最後まで僕の思うような走りに応えてくれるクルマになっていたので、順位をキープすることができました。開幕戦から2位表彰台と、すごくいい形で終われることができました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ