人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年10月28日

来季WSBKに転向のブレガのチャンピオンが決定 | FIM スーパースポーツ世界選手権2023 第12戦 へレス(スペイン) プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

無料動画

ニッコロ・ブレガ 2023年 SSP600王者【ハイライト】FIM スーパースポーツ世界選手権2023_第11戦 アウトドローモ (ポルトガル) RACE1 & RACE2(600 & 300)

Moto2出身のライダーたちが増え、近年のWSSPもかなりレベルアップしたという印象です。来季Moto2からMotoGPにステップアップするのはチャンピオンのペドロ・アゴスタだけ。Moto2に残留するライダーが大半となりますが、シート争いも多くが決まりつつある状況です。

来季はまだスーパーバイク世界選手権のシートの多くが決まっていないこともあり、それが決まってからWSSPのストーブリーグも加熱していくことになるでしょう。WSSPからステップアップしていくライダーも居るはずです。以前と少し違うのは、ステファノ・マンジー(ヤマハ)らMoto2からの転向組ライダーはチームからプロとしてサラリーをもらって乗るライダーも増えてきていることです。来季はWSSP自体もさらにレベルの高い選手権になっていきそうです。

今季はニッコロ・ブレガ(ドゥカティ)とステファノ・マンジー(ヤマハ)のMoto2からの転向組(2年目)がシリーズを席巻しましたが、多くのライダーが彼らに継ぐ結果、あるいは彼らとバトルをしての表彰台を獲得しました。

ランキング3位のマーセル・シュロッター(MVアグスタ)は合計7回の表彰台を獲得し、そのうちの6回が2位という好成績でした。来季も同メーカーでの残留が決まっており、来季はチャンピオン候補の筆頭と言えるでしょう。

ランキング4位が確定しているフェデリコ・カリカスロ(ドゥカティ)は来季もアルテアレーシングとの契約があるようで残留。ランキング5位のバハティン・ソフォーグル(MVアグスタ)もバルセロナの1勝を含む4回の表彰台を獲得しており、残留する方向ではないかと考えられています。

ニッコロ・ブレガ(ドゥカティ)を除く上位4人がこのカテゴリーに残るということになれば、来季もさらにコンペティティブな戦いが期待できると思います。ここに日本人ライダーも加わって欲しいところですが、今年挑戦した日本人2人は最後まで厳しい結果に終わってしまいました。プライベート参戦で孤軍奮闘して上位に食い込むのは相当難しいレースになってきていると言えますが、逆にメーカーの力を借りて、このカテゴリーを走る日本人ライダーがもっと出てきて欲しいところですね。

チャンピオンは決まりましたが、今季の最終戦は多くのライダーが豊富な経験を持つコース、ヘレス(スペイン)での開催です。今年一番のビッグバトルを期待したいです。

文:辻野ヒロシ

辻野 ヒロシ

辻野 ヒロシ

1976年 鈴鹿市出身。アメリカ留学後、ラジオDJとして2002年より京都、大阪、名古屋などで活動。並行して2004年から鈴鹿サーキットで場内実況のレースアナウンサーに。
以後、テレビ中継のアナウンサーやリポーターとしても活動し、現在は鈴鹿サーキットの7割以上のレースイベントで実況、MCを行う。ジャーナリストとしてもWEB媒体を中心に執筆。海外のF1グランプリやマカオF3など海外取材も行っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ