人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年7月7日

トヨタ、フェラーリの地元モンツァでル・マンのリベンジを果たせるか?

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line

ル・マンでの雪辱を果たしたいトヨタ陣営。

プロトタイプカーとGTマシン、3つのクラスの混走によるFIA世界耐久選手権(WEC)の2023年シーズン第5戦「モンツァ6時間」が、7月 7〜9日にイタリア北部、ミラノ近郊のモンツァ・サーキット(アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ)において開催される。その決勝の模様はJ SPORTSで生中継J SPORTSオンデマンドでも予選からLIVE配信する。

全7戦で争われる2023年WECは後半戦に入り、第5戦はF1GPでもおなじみの高速サーキットにおいて開催となる。トヨタGazoo Racing(TGR)は前戦ル・マン24時間で、大会直前のBoP(性能調整)変更もあり、6連覇を狙っていたものの優勝をフェラーリにさらわれてしまった。

モンツァ・サーキットは、第二次世界大戦以前からグランプリレースが開催されている、伝統あるコース。かつではオーバルの区間もあったが、現在はピストルを逆さまにしたような形に改められている。ストレート区間が多いため高速コースとしても知られ、WECシリーズではル・マンのサルト・サーキットに次ぐ速さを誇り、ハイパーカーでの平均速度は220km/hを超えるという。

ル・マン24時間の直前に発表されたBoPはTGRに不利なものとなり、フェラーリが57年ぶりに優勝を遂げTGRの8号車は2位に甘んじた(7号車はアクシデントに巻き込まれリタイア)。今回も事前にBoPが発表され、今度はこれがフェラーリに不利なものとなりそうだ。フェラーリの車重はル・マン24時間時より5kg増で最高出力は約16psがカットされているためだ。ちなみにTGRの重量は変わらず、最高出力が約7ps下げられている。今回はフェラーリの地元での開催だが、このBoPがどの程度影響してくるか、初日の公式練習から興味が持たれるところだ。

今回ハイパーカークラスにはポルシェが1台増の4台、フェラーリ、TGR、そしてプジョーが各2台、キャデラック、グリッケンハウス、バンウォールが1台の計13台がエントリー。新しいポルシェはLM GTE Amクラスを戦って来たプロトン・コンペティションの車両で、プロトンのLM GTE Am車両はエントリーしていない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ