人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年6月29日

ヤマハの巻き返し?マンジーが初優勝で勢いに乗る | FIM スーパースポーツ世界選手権2023 第6戦 ドニントンパーク(イギリス) プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
FIM スーパースポーツ世界選手権2023

FIM スーパースポーツ世界選手権2023

スーパーバイク世界選手権に帯同する「FIMスーパースポーツ世界選手権(WSSP)」は今季の第6戦・ドニントンパーク(イギリス)のレースを迎えます。岡谷雄太(カワサキ)と阿部真生騎(ヤマハ)の2人の日本人ライダーが挑戦するWSSPは上位クラスのスーパーバイク世界選手権(WSBK)の未来を担う若手の登竜門レースでもあります。今回は約1ヶ月ぶりとなる6月30日(金)〜7月1日(日)に開催の第6戦のプレビューをお届けしましょう。

さて、まずは岡谷雄太(カワサキ)と阿部真生騎(ヤマハ)の動向ですが、阿部はデビュー戦のアッセン(第3戦)こそ予選落ちを喫したものの、バルセロナ、ミサノでは無事に決勝レースに出走し、それぞれのレースで完走も果たしました。

岡谷はかなり苦戦中ではありますが、ここまでの3ラウンドで全て完走。ポジション的にはポイント獲得まで道のりは長いと言える位置にはなっていますが、まずは目の前のレースをしっかりフィニッシュすることが先決でしょう。ドニントンパークではそろそろポイント獲得を期待したいところです。

日本人ライダー2人は今季がWSSPのルーキーシーズンということもあり、なかなか苦戦が続いています。初めて走るコースもありますから、その奮闘を静かに見守りたいものです。ドニントンパークは岡谷が昨年まで参戦した「スーパースポーツ300世界選手権」の開催がないサーキットですから、完全なルーキーの阿部だけでなく岡谷も初レースということになります。

ドニントンパークは凄まじい下り坂と急な上り坂を持つ、イギリス独特の起伏に富んだコースです。イギリスのサーキットでは比較的コース幅は広い方ですが、トリッキーなコーナーが多いせいか、ライダーによって得意不得意がハッキリと別れるコースと言えます。

そんな中、今季のレースをリードするのはドゥカティ・パニガーレV2に乗るニッコロ・ブレガ(ドゥカティ)。Moto2出身の彼は昨シーズン、WSSPにデビューし、合計8回の表彰台を獲得してランキング4位。今年は開幕戦(フィリップアイランド)で初優勝を飾ると、ポールポジション4戦、優勝6回という快進撃を見せています。近年はグランプリコースとしては使われていなかったドニントンですが、昨年もレース2では3位表彰台を獲得していますから問題ないでしょう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ