人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年6月22日

東京開催も決定!注目のフォーミュラEは珍しい常設コースで開催! | FIA フォーミュラE世界選手権 2023 第12戦 ポートランド(アメリカ) プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
パスカル・ウェーレイン(ポルシェ)

パスカル・ウェーレイン(ポルシェ)

ニック・キャシディ(エンビジョン・ジャガー)が思うようにポイントを稼げなかったことで、ランキングは逆転。首位はパスカル・ウェーレイン(ポルシェ)=134点、続いて2レースとも2位表彰台を獲得したジェイク・デニス(アンドレッティ・ポルシェ)=133点。そして、ランキング3位にニック・キャシディ(エンビジョン・ジャガー)=128点となりました。ただ、ポイント差はトップから6点差につけるキャシディまで僅かしかないので、チャンピオンの行方はまだまだ不透明です。

そんな中で開催される第12戦のコースはアメリカのポートランド。インディカーを開催するオレゴン州の常設サーキットで開催されます。市街地特設コースでの開催が多い「フォーミュラE」では常設サーキットは珍しく、開幕戦のメキシコシティ以来となりますが、メキシコシティはフォーミュラE用にコースが大幅にアレンジされたレイアウトになっています。今回のポートランドはインディカーと同じレイアウトでの開催ということで、かなりレアなケースとなります。

インディカーでは佐藤琢磨が得意とするコースで優勝経験もありますが、現役の「フォーミュラE」ドライバーにはインディカー出身のドライバーがいないため、近年このコースを走った経験があるドライバーはいないはずです。スタート直後にあるシケインはインディカーでは毎回大混乱が起こることで知られていますが、ランキング上位のドライバーたちはできる限り予選で前方グリッドを獲得して混乱を避けて逃げたいところでしょう。

そんな中で開幕戦のウイナーでランキング2位につけるジェイク・デニス(アンドレッティ・ポルシェ)は所属チームがインディカーに参戦するアンドレッティということで、コースの情報はチームとしてインディカーと共有できているかもしれませんから、このアメリカンチームが躍進するのかどうなのか、ちょっと注目です。

同じアメリカのチームという意味では「DS・ペンスキー」もペンスキーがインディカーの強豪ですから、チーム国籍はフランスながら、こちらも注目。今季はジャン・エリック・ベルニュ(DS・ペンスキー)が1勝をマークしたのみで、チームメイトのストフェル・バンドーン(DS・ペンスキー)は苦戦気味となっていますが、チームとしての地の利を活かすことができるでしょうか。

日本開催決定で今後に期待がかかる「日産」は前戦・ジャカルタの第11戦でサッシャ・フェネストラズ(日産)が今季2回目のベストリザルト4位を獲得。第11戦ではノルマン・ナト(日産)も5位フィニッシュを果たすなど、久しぶりの上位進出となりました。こちらも来季に向けて波に乗っていってもらいたいところですね。

文:辻野ヒロシ

辻野 ヒロシ

辻野 ヒロシ

1976年 鈴鹿市出身。アメリカ留学後、ラジオDJとして2002年より京都、大阪、名古屋などで活動。並行して2004年から鈴鹿サーキットで場内実況のレースアナウンサーに。
以後、テレビ中継のアナウンサーやリポーターとしても活動し、現在は鈴鹿サーキットの7割以上のレースイベントで実況、MCを行う。ジャーナリストとしてもWEB媒体を中心に執筆。海外のF1グランプリやマカオF3など海外取材も行っている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ