人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年6月2日

ドゥカティお膝元での戦いでライバルの逆襲は? | FIM スーパーバイク世界選手権2023 第5戦 ミサノ プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)

アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)

市販スポーツバイクレースの最高峰「FIMスーパーバイク世界選手権(WSBK)」の第5戦がイタリアのミサノ・ワールドサーキット・マルコ・シモンチェリで開催されます。エミリア=ロマーニャラウンドとして開催される第5戦・ミサノですが、同州は洪水の影響で先日、F1が中止になったばかり。ミサノはアドリア海近くの海側にあり、レース開催には影響がないようです。今回は6月2日(金)〜4日(日)に開催される第5戦のレースプレビューをお届けしましょう。

ミサノといえばボローニャに本社を持つイタリアンバイクメーカー、ドゥカティのお膝元。近年はMotoGPやWSBKで日本メーカーを完全に駆逐し、凄まじい勢いでそのブランドイメージを向上させています。

今季のWSBKでドゥカティは12レース中11勝をマークし、その11勝全てをアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)が獲得する圧勝ぶりです。彼が同選手権に参戦し始めた2019年の勢いを感じさせますが、その年は第5戦イモラから連勝街道が止まり、最終的にはジョナサン・レイ(カワサキ)に逆転される結果になったのです。イモラはドゥカティ本社のボローニャにさらに近い場所。ホームレースから調子を崩していったというのが2019年でした。

その二の舞は避けたいところですが、当時は新車として登場したドゥカティ・パニガーレV4Rに対する性能調整が序盤の4戦で緩く、有利な状況ではありました。当時はレブリミットの回転数が成績によってドラスティックに変更されていましたから、新車特有の規制の無さで勝利していた部分はあります。しかし、今はマシンの熟成が進んだ部分もあり、ドゥカティ以外のライバル達がWSBKに特化したモディファイされたモデルを持ち込んでも、そう簡単にドゥカティに太刀打ちできない状況になっています。

今回もドゥカティの強さは変わらないでしょう。ランキング首位のアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)=236点、ランキング2位のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)=167点、この両者には既に69点もの差がついており、追い付くのはかなり至難の業となっています。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ