人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年4月20日

バウティスタの快進撃は続くか? | FIM スーパーバイク世界選手権2023 第3戦 アッセン

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line

無料動画

【ハイライト】FIM スーパーバイク世界選手権2023 第2戦 決勝 全3レース マンダリカ(インドネシア)

しかし、そんなレイが今季は大苦戦中。開幕戦オーストラリアのレース1で2位表彰台に登ってから、それ以来5レースに渡って表彰台に登れていないという、かつてないシーズンの立ち上がりになっているのです。レイにとってもアッセンは形成逆転のキッカケを掴みたいレースと言えるでしょう。

さて、そんな苦戦するライダー達をよそに独走街道を突き進んでいるのがアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)です。今季は第2戦・オーストラリアのスーパーポールレースでトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)に勝利を譲った以外は全て優勝。チャンピオンシップもラズガットリオグルに37点差の大量リードを築いています。

バウティスタはドゥカティで2019年に2勝、2022年に1勝をマーク。グランプリ時代には250ccでポールトゥウインの経験があります。今季の最強マシン、ドゥカティ・パニガーレV4Rの強みを活かしてこのまま勝利を重ねるのか、それともアッセンを得意とするレイに翻弄されるのか注目です。

また、シーズン立ち上がりはスロースターターであることが定着している2021年王者のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)はアッセンでの優勝経験はなし。ただ、昨年はポールポジションを獲得しています。ラズガットリオグルは先日、MotoGPのテストにも参加。スーパーバイク世界選手権で自身のキャリアを築き上げていくと語っていたラズガットリオグルは2024年以降のMotoGP転向に興味を示しているとされ、ストーブリーグが早くも動き出しそうです。

昨年はアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)、ジョナサン・レイ(カワサキ)、トプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)の三つ巴となったチャンピオン争いは開幕2戦を見る限りではドゥカティとヤマハが優勢。ただ、まだシーズンは始まったばかり。これからシーズンが本格化するヨーロッパラウンドでどのメーカーが良い流れを掴むのか見守っていきましょう。

文:辻野ヒロシ

辻野 ヒロシ

辻野 ヒロシ

1976年 鈴鹿市出身。アメリカ留学後、ラジオDJとして2002年より京都、大阪、名古屋などで活動。並行して2004年から鈴鹿サーキットで場内実況のレースアナウンサーに。
以後、テレビ中継のアナウンサーやリポーターとしても活動し、現在は鈴鹿サーキットの7割以上のレースイベントで実況、MCを行う。ジャーナリストとしてもWEB媒体を中心に執筆。海外のF1グランプリやマカオF3など海外取材も行っている。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ