人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2023年3月2日

王者バウティスタが3連勝。雨でも盤石のドゥカティ | FIM スーパーバイク世界選手権2023 第2戦 マンダリカ プレビュー

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
初戦を圧倒的な強さで制したアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)

初戦を圧倒的な強さで制したアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)

オーストラリアのフィリップアイランドで先週開幕した「FIMスーパーバイク世界選手権」は2週連続の開催。第2戦はインドネシアのマンダリカ・インターナショナルサーキットで開催されます。今季も「FIMスーパーバイク世界選手権」を放送中のJ SPORTSでお楽しみください。今回は3月3日(金)〜5日(日)にインドネシアで開催される第2戦のレースプレビューをお届けしましょう。

2020年以来、3年ぶりに2月開幕となった「FIMスーパーバイク世界選手権」。コロナ禍前の恒例の舞台でもあったフィリップアイランド(オーストラリア)でのレースは、昨年の勢いそのままにアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の圧勝となりました。いや、バウティスタというより、ドゥカティが強烈な速さを見せた開幕戦となりましたね。

予選でのポールポジションは2021年王者のトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)が獲得。ヤマハがテストから好調と伝えられてはいましたが、一発の速さを見せつけました。しかし、ウェットコンディションとなったレース1でトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)はスタートから出遅れ、アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)とジョナサン・レイ(カワサキ)の先行を許してしまいます。

マシンのポテンシャル差が少なくなり、ライダーのポテンシャルによりフォーカスが当たるウェットレースでアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)は優勝。2位にジョナサン・レイ(カワサキ)、3位にトプラク・ラズガットリオグル(ヤマハ)と表彰台に登ったのは昨年もチャンピオンを争った3強ライダーでした。やはり今季もこの3人が次元の違うレースを展開していくことは間違いなさそうです。

しかしながら、一転して快晴の中のレースになった日曜日のスーパーポールレースと決勝レース2では、アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)に続いて同じドゥカティワークスのマイケル・ルーベン・リナルディ(ドゥカティ)が2位表彰台を獲得し、3強ライダーの中に割って入るライダーが早くも現れたことは驚きです。マイケル・ルーベン・リナルディ(ドゥカティ)はジョナサン・レイ(カワサキ)とのバトルも巧みに勝ち抜き、また一つ経験値を増やしたという印象です。27歳の若きドゥカティライダーが2年ぶりの優勝を飾るタイミングはそう遠くない未来に実現するかもしれません。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ