人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2022年11月17日

カルソニックブルーが27年ぶりに戴冠。それを決定づけた“最終戦でのターニングポイント”

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line

GT500クラスを制したNo.12 カルソニック IMPUL Z。

4月の開幕戦から毎戦にわたって激闘が繰り広げられてきた2022年シーズンのSUPER GT。今年は3年ぶりにモビリティリゾートもてぎを舞台にして最終戦が行われた。

第7戦オートポリスを終了して6台がチャンピオン獲得の可能性を残しているGT500クラスだが、このうちNo.3 CRAFTSPORTS MOTUL Z(千代勝正/高星明誠)が、58ポイントで首位、No.12 カルソニック IMPUL Z(平峰一貴/ベルトラン・バケット)が55.5ポイントで2番手、Astemo NSX-GT(塚越広大/松下信治)が54ポイントで3番手につけ、この3台が自力でチャンピオンをできる範囲内にいた。

どの陣営に取っても、1年の全てがかかっている勝負の1戦ということもあり、金曜搬入日からパドックはいつもとは違う緊張感に包まれていた。今回、ピット出口側のエリアにピットを設けているホンダ勢は、17号車が1番端(出口側に近い)になるように配置。日産勢も、タイトルを争う3号車と12号車のピット位置も離れた場所になるように配置されていたほか、取材で各陣営の表情を伺っても、かなりライバルの動向を警戒している様子が感じられ、例年以上に“ピリピリした雰囲気"が漂っていた。

【明暗分かれた予選】

渾身の走りで今季初のPPを獲得したNo.100 STANLEY NSX-GT。

そんな中で始まったレースウィーク。SUPER GTでは予選・決勝前の練習走行時間が非常に限られており、走り出しからの流れが重要となる。極端に言えば、良し悪しで全てが決まってしまうこともあるため、公式練習での各車のタイムは、そのレースを占う上では資金石となるのだが……そこで、まさかの苦戦を強いられたのは17号車だった。

前回の第7戦オートポリスで、公式練習でのクラッシュから見事な復活を果たし今季初優勝を獲得。ホンダ勢としては唯一“自力でのチャンピオン獲得圏内"に進出した。今回のモビリティリゾートもてぎでも、過去に優勝経験があるなど、17号車のみならず、ホンダ勢に取っては地元であり得意なサーキットだったのだが……17号車は土曜朝の公式練習から歯車が今ひとつ噛み合わず、予選担っても苦戦。結局、Q1は10番手となり、後方グリッドに沈むこととなった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ