人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2021年8月18日

トヨタGR、ハイパーカーでル・マン24時間制覇なるか

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line

ル・マン4連覇を狙うTOYOTA GAZOO Racing。

プロトタイプカーとGTマシン、4つのクラスの混走による世界耐久選手権(WEC)の2021年シーズン第4戦「ル・マン24時間」が、8月18~22日にフランス西部、サルト県ル・マン郊外のサルト・サーキット(1周13.626km)において開催される。その予選、決勝の模様はJ SPORTSで生中継、J SPORTSオンデマンドでもLIVE配信する。

2021年シリーズはスパ、ポルティマオ、モンツァと欧州ラウンドを転戦し、シリーズ最大のイベントであり、1923年に始まった伝統的な耐久レースでもあるル・マンへたどり着いた。2018年に初制覇を果たしたトヨタGAZOO Racingは昨年までLM P1車両で3連覇を果たし、そして今年は新規定のハイパーカーで4連覇を飾ることができるのかが最大の注目だ。今年は62台の車両が出走する。

トップクラスとなるハイパーカークラス(5台)は、まずトヨタの8号車GR010が連勝し、モンツァでは7号車が優勝して3連勝。前回のモンツァで発生した燃圧の低下、そして電気系トラブルも既に解決済みという。15日に現地で行われたテストデイでトップを奪ったのは、ヨーストのスタッフも加わったグリッケンハウス・レーシングの708号車。これにトヨタの7号車、8号車、36号車アルピーヌ、709号車グリッケンハウスと続いた。トップ2台の差は0.225秒とわずかで、予選のアタックも見ものとなるだろう。テストを含めたマイレージも多く経験豊かなトヨタの連覇が確実と予想されるが、決勝は長距離耐久になるので何が起きるか分からない。

虎視眈々とル・マン制覇を狙うテスト・デーTOPの708号車 グリッケンハウス・レーシング。

LMP2クラス(25台)はWECレギュラーの11台に14台の車両が追加という大激戦で、最も面白いレースが展開されるだろう。スパとモンツァで優勝した22号車ユナイテッド・オートスポーツUSA、ポルティマオで優勝した38号車JOTA、28号車JOTAらレギュラー組よりも、ル・マン制覇を目標にエントリーしている車両の方が元気良く、テストデイではベテラン、パトリック・ピレを擁す地元フランスの48号車アイデック・スポールがトップタイムをマーク。しかもハイパーカーのトップと2秒しか差がない。ハイパーカーにトラブルがあればLMP2も総合上位へ食い込むことだろう。48号車に続いたのは65号車パニス・レーシング、41号車チームWRT、23号車ユナイテッド・オートスポーツとスポット組。レギュラー組の意地も見たいもの。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
モーター スポーツを応援しよう!

モーター スポーツの放送・配信ページへ