人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年7月12日

【スーパーバイク世界選手権 第9戦アメリカ】カワサキ逆襲でレイがランキング首位を奪取!

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
FIM スーパーバイク世界選手権2019

世界の猛者たちが集う「FIMスーパーバイク世界選手権」は大西洋を渡り、アメリカ大陸へ。第9戦、アメリカラウンドは急降下のコークスクリューを持つ名コース、ラグナセカでの戦いです。「J SPORTS」では7月12日(金)〜14日(日)に開催される第9戦の模様を7月15日(月)にオンエアします。

カワサキの逆襲が止まりません!前戦のイギリス・ドニントンパークでのレースは、このコースをそれほど得意とはしていなかったジョナサン・レイ(カワサキ)がなんと3連勝。レース1、スプリント、レース2の3つ共にレイが制し、さらにレオン・ハスラム(カワサキ)、トプラック・ラズガットリオーグル(カワサキ)のどちらかが表彰台に上がるというカワサキの大活躍ぶり。カワサキファンは2レース続けて大興奮の状況となりました。

今シーズンはMotoGPから転向してきたアルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の独走でシーズンの行方は決まったかに思えましたが、新車ということで優遇されていた印象のドゥカティ・パニガーレV4R。しかしながら、ついにドニントンパークのレースで土がつき、1勝もできないまま、レースウィークを終えることになりました。性能調整が見事にカワサキに風を吹かせたとも言えますが、ここにきて、ようやくコンディションはイコールになったと言えるのかもしれません。

FIM スーパーバイク世界選手権2019

やはりスーパーバイク世界選手権はライダーの勝負。市販車ベースのマシンのポテンシャルを目一杯使い切りながらも、タイヤマネージメントも含めた大人な走りができるライダーが求められるわけですが、ここはある意味、経験も含めた色んな要素が絡んでくる部分でしょう。いくらMotoGPライダーとはいえ、バウティスタのようにルーキーが勝ち続けるというケースはあまりなく、しかも4年連続王者のジョナサン・レイ(カワサキ)が全く歯が立たないというのもおかしな状況でした。

性能調整でポテンシャルが均衡化された今、ようやくジョナサン・レイ(カワサキ)の本領が発揮され、本来の勢力図が見えてきました。ドニントンパークでの3連勝でレイは7勝をマークし、なんとランキング首位に浮上。アルバロ・バウティスタ(ドゥカティ)の15勝の半分以下ですが、レイのワーストリザルトは5位で、リタイアは一度も無し。一方でバウティスタは2度のノーポイントレースを記録しており、この取りこぼしがジワジワどころか一気にレイの逆転を許す要因となりました。

昨シーズンもリタイアしたレースは1回だけというジョナサン・レイ(カワサキ)。チャンピオンを4年連続で獲得した過去4シーズンのトータルリタイア回数も僅か6回だけという堅実さで、5位より下の順位でフィニッシュしたレースはリタイアを除いてゼロなのです。2レース制で開催されてきたスーパーバイク世界選手権で勝てるレースは独走し、転倒のリスクの高い展開なら着実に表彰台フィニッシュをするという戦い方を続けてきました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧