人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2019年5月30日

2年目を迎えた富士24時間、さらなる激戦の予感?

モータースポーツコラム by 吉田 知弘
  • Line
2年目を迎えた富士24時間、さらなる激戦の予感?

今週末はピレリ スーパー耐久シリーズ2019の第3戦「富士SUPER TEC 24時間レース」が富士スピードウェイで開催される。昨年、国内では10年ぶりに復活した24時間レースは様々なドラマが踏まれ、興奮と感動が生まれた。またコースサイドに設置したテントで寝泊まりしながら、24時間レースを楽しんだファンも多く、まさにイベントは大成功に終わった。2年目となる今年は各チームともに昨年の経験を生かし様々な対策をして臨む模様。よりレベルの高いレースになっていくことは間違いないだろう。

最高峰ST-Xクラスは新旧GT-R同士の頂上決戦か?

まずは最高峰のST-Xクラス。今回は#777 D’station Vantage GT3や#244 Max Racing RC F GT3らが参戦せず、4台のみのエントリーとなる。その中でも有力候補と言われているのが昨年王者である#1 GTNET GT3 GT-Rだ。今年も浜野彰彦/星野一樹/藤波清斗がレギュラー参戦しているが、これに加えて2016年にST-Xチャンピオンを獲得した経験を持つ平峰一貴を今回のみ起用。開幕前からチーム全員が「富士24時間で連覇をすることが最大の目標」と語り、この週末で最大のパフォーマンスを発揮できるように準備をしてきたという。第2戦SUGOでの優勝でウェイトハンデが増えてしまったが、昨年から随所に見られた総合力と安定感があれば、富士24時間の2連覇も見えてきそうだ。

この1号車の強力なライバルとなりそうなのが#300 TAUROKU RACING GT-R GT3。開幕戦ではフェラーリ488 GT3を使用していたが、第2戦からマシンを日産GT-R GT3に変更。さらに1号車とは異なり2018年スペックということで、マシンの戦闘力という部分ではクラス最強と言われている。今回はレギュラーの山口大陸/ハリソン・ニューウェイ/ニコラス・コスタ/高木真一に加え、昨年までスーパーGT(GT500クラス)で活躍した本山哲を起用。彼はル・マンをはじめ24時間レースの経験もあるだけに、チームにとっては強力な助っ人となることだろう。ここまで抜群の速さはみせながらも不運が続き表彰台を獲得できていない300号車。ここ富士で一気に巻き返す走りを見せたいところだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧