人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年10月11日

【スーパーバイク世界選手権 第12戦アルゼンチン プレビュー】4年連続の王座に輝いたレイの連勝街道は続く?

モータースポーツコラム by 辻野 ヒロシ
  • Line
ジョナサン・レイ(カワサキ)

ジョナサン・レイ(カワサキ)

「FIMスーパーバイク世界選手権」の12戦はアルゼンチンのサン・ファンで開催されます。「J SPORTS」では10月12日(金)~14日(日)に開催されるレースの模様を10月15日(月)にオンエア。

さて、前戦のフランス・マニクールのレースではジョナサン・レイ(カワサキ)が見事2連勝を飾り、2018年の「スーパーバイク世界選手権」の王者に輝きました。レイはカワサキに移籍して以来、4年連続での世界チャンピオン獲得。レギュレーションが変わり、彼のマシンに性能調整が加えられてもチャンピオンを獲得したわけです。現状、タイヤマネージメント能力で彼の右に出るライダーは現状居ないと言えるでしょう。そういう意味でも、その偉大さに輝きを増した感があります。

今季は開幕戦・オーストラリアでドゥカティが2連勝を飾り、選手権を取り巻く風向きは変わったかに思えました。昨年もチャンピオンを獲得したカワサキZX-10RRは性能調整として回転数を制限され、明らかにストレートスピードの速さを失いました。直線であっさりとライバルメーカーにオーバーテイクされるシーンも目立ち、苦しい立場に置かれていたわけです。しかしながら、ピレリのワンメイクタイヤで争う「スーパーバイク世界選手権」ではタイヤの使い方(マネージメント)が勝負の分け目となり、ホンダ時代から速さに加えてタイヤマネージメント能力に定評があったレイはその技術にさらに磨きをかけています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧