人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

モーター スポーツ コラム 2018年8月16日

あのル・マン24時間から2か月でシリーズ再開

モータースポーツコラム by 皆越 和也
  • Line
WEC

プロトタイプカーとGTマシン、4クラスの混走による世界耐久選手権(WEC)の新たなシーズンの第3戦「シルバーストーン6時間」が、英国イングランドのグランプリコース、シルバーストーンにおいて8月19日に開催される。その決勝の模様はJ SPORTSで生中継J SPORTSオンデマンドでもLIVE配信される。

トヨタが悲願のル・マン24時間制覇したシーンは感動的だった。ゴールしてからもウィニングラン、そして表彰式とJ SPORTSの中継から離れられないファンも多かったことだろう。WECを戦うチームは2か月というインターバルの間に車両の整備はもちろん、今回のシルバーストーンに向けて着々と準備をしてきた。現在の“スーパーシーズン”は今年5月のスパに始まり年をまたいで来年のル・マン24時間までと長く、各レースのインターバルが空いてしまうのは仕方のないことだ。

このインターバルには、LM-GTE ProクラスのBoP(性能調整)が行われ、アストンマーチンとフェラーリはその恩恵を受けることになった。また来季導入されるLM GT2クラスにはランボルギーニが参戦するという噂も聞こえている。

さて今回のシルバーストーン6時間は、年内に行われる富士、上海を含めるとスーパーシーズンの中盤戦に当たると言えよう。スパとル・マンで惨敗したチームも立て直しをはかる時期であるし、序盤の2戦でスタートを決めたチームにとっては、後続チームとの距離を広げるチャンスでもある。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧