人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2024年5月14日

『大西の壁』に『菊浪の1ミリ』。大宮アルディージャU18・丹野友輔監督が選手に問いかける勝負の本質 高円宮杯プレミアリーグEAST 大宮アルディージャU18×尚志高校マッチレビュー

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

「もっと守備の強度だとか、ボールを奪いに行く守備だとか、そういうことを強調したトレーニングをやることによってフィットネスも上がりますし、その中でハイプレスに対してアンチプレスできるようにならないと世界と太刀打ちできないなと思うところもあって。でも、それってやっぱり日常からそういう意識が必要ですし、そういうところも含めて最終的に『ゴールを奪う』『ゴールを守る』というサッカーの本質的なところにしっかりフォーカスした中でやるというのはすごく大事だなと。どこかに偏ってしまうと、何か失うものもあるなとは思っています」

「2試合負けて、1試合勝って、2試合負けて、1試合勝ってというのが今なので、次のゲームをどうするかは非常に悩みどころではあるんですけど(笑)、でも、1試合1試合良くなっている部分もあるので、そこにちゃんと目を向けてあげたいですし、あとは選手を信じてあげたいなと。全部こっちが思っていることをやるのはちょっと違うなと感じますし、選手は急には変わらないので、ちょっとずつちょっとずつ積み上げていくしかないですよね」

トップチームは今シーズンから初めてJ3リーグを戦っている。クラブを取り巻く環境もさまざまに変化している中で、アカデミーの“出口”でもあるU18を任された指揮官に掛かるプレッシャーが、小さいものであるはずがない。「朝起きた時に気持ち悪くなることもありますよ(笑)」と明かした丹野監督は、それでも自身の為すべきミッションについて、こう口にする。

「今のアルディージャ自体をより良い方向に持っていくのはかなりのパワーが必要で、『それをどうにかしたい』と思ってやっているところなんですけど、なかなか難しいミッションだなとは思っています。いろいろ悪い方向に考えてしまうこともありましたけど、(長澤)徹さんは『僕らにしかそういうものは感じ取れないから、それはネガティブなことじゃない。その瞬間瞬間は自分たちにしか味わえないんだ』と言ってくれていて、そういう人の言葉を聞いて、自分なりにどう解釈して、どう進めていくかみたいなことが、凄く大事なんだなって」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ