人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年7月1日

タイプの違うサイドハーフが試合を動かす!ヴィッセル神戸U-18×静岡学園高校マッチプレビュー【高円宮杯プレミアリーグWEST第11節】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

蘓鉄航生

ヴィッセル神戸U-18が上昇気流に乗り始めている。第8節の清水エスパルスユース戦に勝利し、良い形で中断期間を迎えると、6月に入ってからも履正社高校と1-1で引き分け、前節はアウェイで難敵の名古屋グランパスU-18を2-0で撃破。3戦無敗と攻守の歯車が噛み合ってきている印象だ。

対する静岡学園高校は、インターハイ静岡県予選で磐田東高校相手にPK戦で競り負け、まさかの準決勝敗退。全国切符を逃す結果となった。プレミア再開後もジュビロ磐田U-18に1-2で敗れ、“磐田勢”に連敗を喫したものの、先週末の履正社高校戦では3ゴールを挙げて白星を奪取。首位のサガン鳥栖U-18とは勝点差2の3位と、十分優勝を狙える位置に付けている。

与えられるスペースも使える時間も限りなく少なくなってきている現代サッカーにおいて、よりカギを握ってくるのがサイドでの攻防。勝負できる“180度”のエリアの中で主導権を掴んだチームが、そのまま試合のペースを掌握することは往々にして起こる。そして、この一戦も個性豊かなサイドハーフたちの躍動が、そのまま勝敗に直結する可能性が高いと見る。

J SPORTS オンデマンド番組情報

神戸U-18の右サイドハーフには、とにかく仕掛けまくるナンバー7が配されている。蘓鉄(そてつ)航生。シーズン序盤は流れを変えるためのジョーカー起用が多かったキレキレ系ドリブラーは、第7節のジュビロ磐田U-18戦で今シーズン初めてスタメンに抜擢されると、チームは敗れるも再三チャンスを演出。以降はレギュラーポジションを確保した感がある。同じ右でコンビを組むサイドバックのDF本間ジャスティンとの連携も上々。右サイドからの崩しは、間違いなくチームの武器になりつつある。

左サイドハーフには、昨シーズンから10番を背負う永澤海風(みかぜ)が構える。開幕から主に中央でプレーしてきたが、中盤の配置転換に伴い、第9節からは左サイドへ。ただ、もともとゴール付近で力を発揮するタイプだけに、外へ張り出すというよりも、うまく相手陣内でスペースを見つけ、ボールを引き出しながらラストパスやフィニッシュを狙うイメージ。前節の名古屋U-18戦では左サイドから思い切りの良いシュートでゴールを陥れており、このゲームでも得点に直結する働きが期待される。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ