人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年7月1日

大株主の心強いサポートを得たトッテナムが移籍市場をかきまわす

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ハリー・ケインとソン・フンミン

ハリー・ケインとソン・フンミン

イヴァン・ペリシッチをインテル・ミラノから、サウサンプトンからはフレイザー・フォースターを獲得し、ブライトンのイヴ・ビスマも手に入れた。トッテナムの補強が着々と進んでいる。

ビスマの獲得は大ヒットだ。ボール奪取能力に優れたMFで、ピエール=エミル・ホイビュアとロドリゴ・ベンタンクールの負担を著しく軽減するに違いない。彼ら3人なら相手の進入を抑え、少なくともスピードダウンできる。2021-22シーズンに喫した40失点は大幅に減るだろう。

また、ジェド・スペンス(ノッティンガム・フォレスト)との交渉も順調で、2021-22シーズンまでエヴァートンのリクルート担当だったグレタル・ステインソン、レンジャーズのチーフスカウトを務めていたアンディ・スコールディングなど、有能なスタッフも次々にやって来た。

ドン・レヴイ会長とアントニオ・コンテ監督は本気だ。

昨シーズンまでのトッテナムは経済的なアドバンテージを持っていなかった。喉から手が出るほど欲しい人材だったとしても、リヴァプールやマンチェスター・シティ、チェルシーと競合した場合、100パーセント負ける。

今年1月もルイス・ディアスとの交渉で先んじながら、リヴァプールに横取りされている。この苦い経験から、獲得が望み薄の選手と交渉しても時間の無駄だ。経済的アドバンテージを持つ3チームとは喧嘩せず、補強に関しては我が道を行く──に転換を図っても不思議ではなかった。

しかし、大株主の『ENICスポーツ』が最大1億5000万ポンド(約240億円)の増資を発表。マネーゲームでも十分に戦える体制を整えた。

心強い支援を受けたコンテ監督はDFラインの強化に主眼を置き、インテル・ミラノのアレッサンドロ・パストーニ、バルセロナのクレマン・ラングレといったレフティのセンターバックの動向をチェックしている。

インテルもバルサも大幅なコスト削減を余儀なくされている。トッテナムのディレクターを務めるファビオ・パラティーチが詰めを誤らなければ、コンテ監督のリクエストが叶う公算は大きい。いやいや、240億円もの増資により、さらなる大物を釣り上げる可能性まで浮上してきた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ