人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年6月15日

良薬は口に苦し、敗戦を糧にしての決まり文句も虚しい

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
堂安律

堂安律

6月14日、日本代表はチュニジアとの強化試合に臨んだ。

チュニジアといえばモハメド・ガムーディである。1964年東京オリンピックの男子1万メートルで銀メダル。最終ラップだったと記憶しているが、ロン・クラークとビリー・ミルズの間を強引に割ったとき、実況していた北出清五郎アナウンサーの声が、「これは酷い」と明らかに上ずった。沈着冷静な北出さんが、である。まぁ、フットボールにはなんら関係ないが……。

それでは本題へ──。日本代表である。

パラグアイ戦もガーナ戦も、DFのイージーミスから失点した。ブラジル戦は全体のラインが間延びし、超一流との差を痛感した。板倉滉の奮闘で1失点に抑えたにすぎず、善戦とはいえない。

またしても、だ。3失点すべてにミスが絡み、0-3でチュニジアに敗北。

無理をしてタックルを仕掛けるシーンだったのか、なぜ譲り合ったのか、マイボールを簡単に失うのか……。個の力で世界の列強に劣る日本は、組織力の向上こそがカタール・ワールドカップの目標に定めたベスト8以上へのキーポイントであるにもかかわらず、6月の4連戦を通じて進歩していない。

冨安健洋と酒井宏樹のコンディションが整いさえすれば、多少はプラスになるとも考えられるが、いやいや、希望的観測が過ぎる。

また、攻撃面は伊東純也が精度の高いフィードを配しても、三苫薫がドリブルで相手DFを2~3人おびき寄せても、ペナルティボックス内に人がいなかったり、いたとしてもマーカーと駆け引きしていなかったり……。

永きにわたって指摘される決定力不足は、森保監督のもとでも改善される雰囲気は皆無だ。釜本邦茂の再来など期待できないのだから、選手一人ひとりが得点意欲にスイッチを入れるしかない。ペナルティボックス内でシャイになる選手が、日本は多すぎる。

さらに最終テストの意味合いがあったとしても、フィジカルにすぐれたチュニジアに対し、久保建英、堂安律、田中碧、三苫といった軽量級を同時に起用するベンチワークにも不安と疑問を隠せなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ