人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年4月1日

ユナイテッドが玉座から引きずり降ろされて10年・・・

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
試合に敗れてうなだれる選手たち

試合に敗れてうなだれる選手たち

マンチェスター・ユナイテッドは、ブルーノ・フェルナンデスとの契約を2027年6月末日まで延長した。めでたし・めでたし──。

間違いなく朗報だ。昼間から祝杯をあげたくもなる。きつめの一杯としゃれこもう。盆と正月が一緒に来たような(表現、古っ!)賑わいだ。

しかし、B・フェルナンデスとの契約延長をもってしても、失われた時間を取り戻すことは難しい。完全復活までには長い長い時間を要するに違いない。

そもそも、ユナイテッドは時代後れだった。戦略・戦術、スカウティングといった強化に必要なキーワードを疎かにしたまま、サー・アレックス・ファーガソンの類稀なマネジメントに依存していた。

しかも、彼の後を継いだデイヴィッド・モイーズは戦略・戦術を持たず、ファーガソンが構築したスカウト網まで引き裂いた。いま、ウェストハムで復調著しいものの、ユナイテッドを率いていた当時のモイーズは、ダメ監督の典型だったのである。

また、ルイ・ファン・ハールのポゼッションは選手に受け入れられず、ジョゼ・モウリーニョは傲慢だった。そしてオーレ・グンナー・スールシャールは、ゲームプランの乏しさによって求心力を失った。

マンチェスター・シティはジョゼップ・グアルディオラが率いている。リヴァプールの指揮官はユルゲン・クロップだ。監督の人選を踏まえれば、両チームとの差が大きく開いたのは至極当然である。

ユナイテッドはスカウティングのレベルでも目を覆いたくなる。なぜエドワード・ウッドワード(前CEO)が担当していたのだろうか。ビジネスの手腕にすぐれ、大手企業とのスポンサー契約によって巨万の富をもたらした貢献者だが、フットボールの業界では素人。移籍市場で顔が利かない。

シティはCEOのフェラン・ソリアーノとディレクターのチキ・ベギリスタインが、強化を取り仕切っている。彼らはバルセロナ在籍時からヨーロッパ全体に厚く、太いコネクションを築いてきた。

リヴァプールのディレクターを務めるマイケル・エドワーズは、選手の潜在能力を見抜く独特の嗅覚を有している。アンドリュー・ロバートソン、モハメド・サラー、フィルジル・ファン・ダイク、アリソン、南野拓実、ディオゴ・ジョタなど、エドワーズが関わった補強は成功例が非常に多い。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ