人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月30日

データには表れない貢献度もチェックして最強の布陣を創れ。始まる前から悲観的になっていては楽しくないじゃないか!

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
オマーン戦に敗れた日本代表

ワールドカップ出場を掴んだサッカー日本代表

なんだかんだいわれながら、日本代表は7大会連続のワールドカップ出場を決めた。

予選開幕当初は期待を裏切り、3試合を消化して1勝2敗。元代表からは感情的ともとれる批判が相次いだ。

「サッカーがまるっきり分かっていない」
「好きな選手ばかり起用している」
「傷口が広がらないうちに体制を見直すべし」

不満の矛先は森保一監督に向けられた。

しかし、キャプテンの吉田麻也が「まったくブレない」と証言したように、森保監督はみずからの信念を貫いた。外圧に動じない芯の強さを持っているのだろう。朝令暮改、優柔不断では、指揮官など務まるはずがない。

それにしても、日本サッカーは進歩したものだ。筆者がワールドワイドなこのスポーツを生業とした1980年代後半は、まだまだマイナーだった。テレビ中継もままならず、日本リーグが優勝争い真っただ中でも各局は無視。カヌーの日本選手権がライブで放送されたケースもあった。

無理もない。当時の日本リーグは閑古鳥ですら鳴くことをためらった、観衆は公式発表100人。関係者や報道関係者も含めて、である。

その後、Jリーグの発足とともに急成長し、あの長嶋茂雄氏が「このままでは野球が負ける」と危機感を抱いたことすらある。三浦知良、中田英寿、中村俊輔、小野伸二、香川真司といったスターが次々に生まれ、いまでは約60名が海外のクラブでプレーしている。

南野拓実に至っては、世界屈指の名門リヴァプール所属だ。ニューヨーク・ヤンキーズで活躍した松井秀喜にまさるとも劣らないインパクトである。日本がサッカー大国であれば、南野の知名度は松井を上まわっていたはずだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ