人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月23日

ベイルとアザールの復活に期待!人生は何度でもやり直せる

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
相手チームのゴールを決められうなだれるアザール

相手チームにゴールを決められうなだれるアザール

レアル・マドリーとキリアン・エムバペは合意済み──。

このビッグディールは、遅かれ早かれ公になるに違いない。移籍市場の解析を得意とするヨーロッパのメディアも、「パリ・サンジェルマンが好条件を提示して慰留に努めているようだが、エムバペの気持ちはマドリー移籍で固まっている」と報じていた。

また、マドリーはより攻勢に転じ、ドルトムントのアーリング・ハーランまで狙っているという。現エースのカリム・ベンゼマに加え、エムバペとハーランまで揃えるつもりなのか!?

移籍市場ではなにが起きるか分からない。マンチェスター・シティと契約間近ともいわれているハーランだが、エージェントはあのミーノ・ライオラだ。強引な手法で大型契約を勝ち取り、交渉成立寸前の案件を何度となく潰してきた。マドリーがシティを上まわる条件を提示すれば、ハーランは……いや、ライオラはフロレンティーノ・ペレス会長と握手するかもしれない。

ちなみにエムバペはフリートランスファー。ハーランの契約解除金は7500万ユーロ(約97億5000万円)。ライオラが要求したとされる5000万ユーロ(約6億5000万円)もの手数料も、マドリーの財力をもってすれば朝飯前だ。

さて、来る人がいれば行く人もいる。エムバペとハーランの動向にかかわらず、ガレス・ベイルとエデン・アザールはマドリーを去る公算が大きくなってきた。

ともに負傷を繰り返し、費用対効果が悪い。カルロ・アンチェロッティ監督のプランからほぼほぼ外れており、現行の契約も6月末日をもって満了を迎える。別れの段取りは完全に整った。

ただし、ユニフォームを脱ぐには少し早い。ベイル32歳、アザールは31歳。シーズン・フル稼働は難しいものの、まだまだ使える。まだ使える。

マンチェスター・ユナイテッドのクリスチャーノ・ロナウドは、37歳でも唯一無二の得点源だ。34歳のリオネル・メッシを欠いたパリSGのパフォーマンスは楽しくない。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ