人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月18日

評価は覆すためにある。桐生第一が期すプレミア初挑戦でのビッグサプライズ 【高円宮杯プレミアリーグEAST 桐生第一高校チーム紹介】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

劇的な大逆転勝利で昇格を勝ち獲った、昨年末のプレミアリーグプレーオフ。そのピッチに立っていた選手は1人も残っていない。その実力に懐疑的な視線が注がれていることは百も承知。でも、それならそれでいい。事が起こる前の評価なんて、覆すためにある。

「たぶん周りの人から見て、弱いと思われがちかもしれないですけど、プレミアで一戦一戦勝つことによって力を証明できると思いますし、チームの名前も全国に広がっていくはずなので、勝利を一番に考えてやっていきたいです」。

チームの“2人制キャプテン”の1人に任命されたFW諏訪晃大は、そう言葉に力を込める。群馬から国内最高峰の舞台に殴り込みをかける“蒼き登り龍”。桐生第一高校の大いなる挑戦が、いよいよ幕を開ける。

「もうあの子たちのグループの強さを凄く感じて、ウチをより高めてくれたなという感謝しかないですね」。中村裕幸監督は、その時を振り返る。桐生第一としては初めて臨んだプレミアリーグプレーオフ。1回戦でインターハイ全国準優勝の米子北高校を破った彼らは、続くゲームで新潟の強豪・帝京長岡高校と対峙する。

J SPORTS 放送情報

前半を終えてスコアは1-3。小さくないビハインドを追い掛ける展開を強いられたが、ベンチメンバーも含めた全員を3年生で構成した桐生第一は、その状態から底力を発揮。残り10分で同点まで持っていくと、試合終盤には勝ち越しゴールを記録。ドラマチックな大逆転勝利を収め、涙と歓喜のプレミア昇格を手繰り寄せた。

「映像で生中継が送られてきて、それを見ていました。先に3点を決められてヤバいかなと思ったんですけど、4点を決めて勝ってしまって、正直画面越しからでも震えましたし、みんな大騒ぎでした」。そう振り返る諏訪も含めて、新チームの選手たちはいずれもスマホの“画面”で、先輩たちが成し遂げた歴史的偉業を見つめていた。

指揮官はプレミアを戦うことで、チームへもたらされるであろう多くの効果への期待を、こう語っている。「選手たちがものすごくハイクオリティな試合を22試合できるというメリットと、やっぱりあとはライバルの前橋育英さんを倒すためにも、我々の底力やチーム内の競争を高めるためには、より良い選手がより多くいた方がいいわけで、こちらの人を選ぶ悩みは出てくるかもしれないですけど、みんなを高めるためにはそれが良いことですよね」。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ