人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月17日

『5度目の正直』で掴んだ夢舞台。前橋育英は念願のプレミアで躍進を誓う 【高円宮杯プレミアリーグEAST 前橋育英高校チーム紹介】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

 

「もう本当にホッとしたというのが本音ですよね」。チームを率いてちょうど40年目を迎える山田耕介監督は、そう笑いながら広島での歓喜を振り返る。昨年12月。プレミアリーグプレーオフに臨んだ前橋育英高校は、1回戦で仙台育英高校相手に4-0と快勝を収めると、続く2回戦でもV・ファーレン長崎U-18を2-0で撃破。プレミアへと昇格する権利をもぎ取った。

「広島にはあまり行きたくないといつも思っていました(笑)。もちろん広島が悪いわけではなくて、自分としてはという話で、『何で埼玉とかでやらないのかな?』って」と山田監督が話すのには、理由がある。前橋育英にとって、プレーオフ進出は実に今回で5度目。2013年、2014年、2015年、2017年と4度に渡って、広島の地で涙を呑んできた。

とりわけ2013年と2017年はプリンスリーグ関東王者に輝き、確かな自信を持って挑んだが、どちらもPK戦で敗退。後者はその直後の高校選手権で日本一になったチームだけに、大きな期待を寄せられていたものの、ジュビロ磐田U-18の軍門に降る。その経緯が指揮官の言葉に繋がっていたというわけだ。

「スタッフが1回目から4回目までのプレーオフを、ハイライトみたいな感じにしたモチベーションビデオを作ってくれたので、それを見た時にみんな『痺れた』と言っていましたね」と明かしたのは2年生ボランチのMF根津元輝。先輩たちが何度も味わってきた悔しさも結集させて、ようやく悲願を達成することに成功した。

J SPORTS 放送情報

今年のチームにも、多くのタレントが揃っている。ドイスボランチは間違いなく高体連屈指。“飛び級”で日本高校選抜に選出されている根津と、こちらはU-17日本高校選抜の主軸を担うMF徳永涼の2人は、既にJリーグの練習参加も経験し、チームに小さくない刺激をもたらしている。

さらにアタッカー陣では、U-17日本代表候補合宿にも招集されたMF小池直矢や、高校選手権でも3回戦の鹿島学園高校戦で2ゴールを奪い、一躍脚光を浴びたFW高足善も注目株。3月に開催されたプーマカップでも左利きのDF山内恭輔、テクニックに優れるMF大久保帆人が存在感を見せており、多くの選手が主役の座を虎視眈々と狙っている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ