人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2022年3月9日

ヴァランが欠場した5試合は全敗・19失点の無様

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
相手選手に身体を寄せるヴァラン(写真左)

相手選手に身体を寄せるヴァラン(写真左)

「ヤツらは途中であきらめた。闘いもしないのだから、恥を知りやがれっ!」

ロイ・キーンは怒っていた。現地時間3月6日のマンチェスター・ダービーで1-4の惨敗を喫した後、ユナイテッドを厳しく厳しく批判した。

現役当時は闘将といわれ、デイヴィッド・ベッカムやポール・スコールズ、ライアン・ギグスなどともに数多くのタイトル獲得に貢献してきた。なす術なく敗れるユナイテッドを目の当たりにして、感情をコントロールできなかったようだ。

惨憺たる内容だった。後半はゴール期待値がゼロ。残り15分のポゼッションは驚愕の8%対92%。シティ陣内にほとんど入れず、GKダビド・デ・ヘアのセーブがなければ、もう3~4点を失っていても不思議ではなかった。

ブルーノ・フェルナンデスとポール・ポグバの2トップという奇策は不発に終わり、マーカス・ラシュフォードとジェシー・リンガードは試合終盤に投入されたにもかかわらず、プレー強度が絶望的なまでに低い。

キーンの怒りは当然だ。

さて、今シーズンの失点は早くも38を数えた。トップ10ではサウサンプトンの41に次ぐワースト2。トッテナム、リヴァプール、アーセナル、チェルシーとの対戦も残っているため、昨シーズンの44を更新するに違いない。直近5シーズンでは最多となる16-17シーズンの54も迫って来る。

しかも、ラファエル・ヴァランが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示し、一定期間は戦線を離脱する。一大事だ。

●2-4 レスター
●0-5 リヴァプール
●0-2 シティ
●1-4 ワトフォード
●1-4 シティ

ヴァランが欠場したプレミアリーグ5試合は全敗、19失点。酷い、酷すぎる。

補強戦略でミスを続ける上層部、チーム全体の守備意識にも問題があるとはいえ、やはりハリー・マグワイアは責任を痛感すべきだ。

スピードで勝てず、遅れ気味のタックルでFKを与える。背後のスペースに極端なまでの恐怖感を抱き、ラインを上げられない。キャプテンであるにもかかわらず、劣勢に立つチームを鼓舞できない。シティ戦でもクリアできるボールをなぜかまたぐと、ケビン・デ・ブライネの1点目につながった。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ