人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月29日

柏レイソルU-18・真家英嵩はいくつもの“目標”を携えてプロの世界へ飛び込む 【NEXT TEENS FILE.】

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

真家英嵩

サイズも、能力も、申し分ない。ケガによる長期離脱を経験したことで、ボールを蹴ることができる喜びも、改めて心に刻み込んだ。ここからは自分次第。それでも、この男がどれだけ輝く未来を切り拓いていくのかという期待感は、とにかく大きいと言わざるを得ない。

「正直プロの世界は厳しいと思いますし、活躍するのが本当に難しいことだとは分かっていますけど、1つ1つのプレーに本当に死ぬ気でこだわって、少しでも早く日立台のピッチに立ってプレーしたいです」。柏レイソルU-18の大型ストライカー。真家英嵩の中でプロサッカー選手として憧れてきたピッチに立つイメージは、もうとっくに出来上がっている。

J SPORTS 放送情報

1年生の頃からプレミアリーグでも出場機会を獲得し、ホームの青森山田高校戦ではゴールも記録。スケール感を漂わせる存在が当時から際立っていた真家は、昨年の夏に小さくない負傷で長期離脱を余儀なくされる。

「復帰した後にどう自分を示すかというところで、とにかく良いイメージだけをして、この先で暴れるために何をするかということを考えていたのと、とにかく身体を大きくすることを考えていて、ウエイトやバランストレーニングを中心に取り組んでいました。手応えはありましたね」。

1年近い雌伏の時を経て、復帰戦となったアウェイの青森山田戦でいきなり2ゴールを叩き出すと、ここまでのリーグでは6得点。それでも「自分の中で7、8割は身体のキレも戻ってきていると思いますけど、一瞬の反応だったり、ゴール前の抜け出しの連続性はまだまだです。特に後半に体力がなくなると、質がどんどん落ちてきてしまっているので、90分間の連続性をもっとやっていかないといけないと思います」と反省点を口にするあたりに、強い向上心が滲む。

重ねた6つのゴールのうち、ダイレクトで沈めたのが5つ。だが、そこにも真家はさらなる成長の余地を感じている。「ワンタッチゴールは結構増えてきているんですけど、前までできていた自分で裏へ抜けて、相手をかわしてのシュートだったり、身体を生かして打つゴールはまだないんです。正直ブランクは多少あると思うんですけど、言い訳はできないので、もっと自分で意識を持ってやっていくしかないと思います」。恵まれた体格を生かすダイナミックなプレーは、本来の持ち味。少しずつ自分の身体と以前の感覚を重ね合わせ、常に次のゴールを狙い続けている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ