人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2021年11月12日

いよいよファン・デ・ベーク起用のときがやって来た

粕谷秀樹のOWN GOAL,FINE GOAL by 粕谷 秀樹
  • Line
ファン・デ・ベーク

ファン・デ・ベーク

近ごろ、毎回のように不平・不満を書き連ねている。標的はマンチェスター・ユナイテッドのオーレ・グンナー・スールシャール監督だ。信念も野心もプランも持たない男がなぜクビにならないのか、皆目見当もつかない。

いや、見当はついているというか、なんとなくではあるけれど、人選に好き嫌いがからんでいることは、数々のニュースで承知している。

どういうわけだか、オーナーのジョエル・グレイザーはスールシャールを気に入っている。マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ、リヴァプールのユルゲン・クロップ、チェルシーのトーマス・トゥヘルにフットボールの理解力で劣り、レスターのブレンダン・ロジャーズやブライトンのグラエム・ポッター、さらに付け加えるならウェストハムのデイヴィッド・モイーズをプランニングで下まわっているにもかかわらず、なぜか解任を免れている。

新監督候補として、ジネディーヌ・ジダン、ラルフ・ラングニック、マウリシオ・ポチェッティーノなどの名前がメディアで躍っているが、「少なくとも今シーズンはスールシャール」が、ユナイテッド上層部の考え方だとも伝えられている。嗚呼、グレイザーは人を見る目がまったくない。

監督の力量に大きすぎる疑問符がつくというのに、選手間でアクシデントが続出している。

古傷のハムストリング痛が再発したラファエル・ヴァランは、12月初旬まで欠場する。エディンソン・カバーニはアキレス腱の状態が芳しくなく、ハリー・マグワイアはふくらはぎを痛めた影響なのか、あるいはポテンシャルの限界か、残念すぎるピード不足を露呈した。

そしてポール・ポグバまでが右大腿部を痛め、年内の復帰は難しい。踏んだり蹴ったり、弱り目に祟り目、泣きっ面にハチ……。

しかし、主力が使えないのなら、控えにチャンスを与えるべきだ。いよいよドニー・ファン・デ・ベークの出番である。

「わたしのリストに含まれている」と言いながら、スールシャールはファン・デ・ベークを冷遇してきた。チャンスすら与えない。言行不一致も甚だしい。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ