人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年9月11日

~横浜FCユース~田畑麟は“言葉”と“背中”でチームを牽引する

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

横浜FCユース:田畑麟

少し高い声で、笑顔とユーモアの包装紙にくるまれたような言葉を発する姿に、それだけで周囲からの確かな信頼が窺える。「1日1日を大事に過ごしていきたいとは思っていて、やっぱり自分から一番前を走ることで、キャプテンとしてチームを引っ張っていきたいです」。横浜FCユースの右サイドバック。田畑麟は“言葉”と“背中”の両方で、チームメイトを牽引できる稀有なキャプテンだ。

好きな選手は、ユベントスの新監督就任が発表されたばかりのアンドレア・ピルロ。背番号は昨シーズンから継続して8番だ。「ずっと前めの選手だったんです。インサイドハーフだったり、トップ下だったり、ボランチだったりをやっていて、去年から右サイドバックを始めました。だから、“8番”だったんです」。

J SPORTS 放送情報

想像もしていなかったコンバート。ただ、すぐに自分の中で納得できる部分が多いことに気付く。「身体能力だったり、対人の強さ、オーバーラップで駆け上がったり、そういう所が僕の武器だと思っていて、そういう面に関してはより特徴を生かせるのかなと」。右サイドを上下動し続けられる自らの武器は、そのままチームの武器になった。

今シーズンは立候補してキャプテンも務めている。本人は完全に肯定こそしなかったものの、「キャプテンは麟で決まり」というチームの雰囲気もあったようだ。その期待に応えたいという想いと、プレミア昇格へと導いてくれた去年の先輩たちの背中を見て、「ああなりたい」という憧れもその意志を強くした。

少し前には「1年生が自粛期間前までは受験もあってあまり練習に参加していなくて、ここ最近でやっと参加してきたこともあって、温度差みたいなものが結構ありましたね」と語っていたが、プレミア開幕戦のホームゲームを見た限り、1年生も含めたチームの選手たちは運営の仕事をテキパキとこなしつつ、試合中はピッチを食い入るように見ており、グループの一体感は十分に感じられた。新キャプテンの心配は杞憂だったのかもしれない。

J SPORTS オンデマンド番組情報

掲げた目標も力強い。「チームではプレミア3位以内、クラブユースでベスト4以上という目標を掲げているんですけど、『それ以上を狙っていきたい』とは選手の中でも話していて、個人的には『コイツ、スゲーな』と思われる選手でいたいなと考えています」。はっきりと口にした「『コイツ、スゲーな』と思われる選手」。そこに彼が少しでも近付くことは、そのままチームの目標達成のカギを握っているような気がしてならない。

横浜FCユース。8番。田畑麟。“言葉”と“背中”の両方でチームを牽引したい男に是非ご注目あれ。

文 土屋雅史(J SPORTS)

土屋 雅史

土屋 雅史

Jリーグ中継担当プロディーサーを経て、デイリーサッカーニュース Foot!を担当。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ