人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2020年7月7日

Foot!ファミリー初登場スペシャル

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line

金曜日の夜がとにかく待ち遠しかった。

まだ大学生だった1人暮らしの家は娯楽に乏しく、ある日突然思い立ってケーブルテレビに加入してみた。普通のリモコンにある地上波放送しか知らなかった20歳そこそこの自分は、最初こそチャンネルの豊富さと目新しさで見まくっていたものの、そのうち飽きてしまい、結局元のウイイレ生活に戻っていった。

いつだったかははっきり覚えていない。そのぐらいの意識で、おもむろにケーブルテレビのスポーツチャンネルを付けた時のことだった。その後の人生を大きく左右する番組に出会ったのは。

ただ、ただ、面白かった。イングランドのプレミアリーグ。イタリアのセリエA。スペインのリーガ・エスパニョーラ。この3つのリーグのハイライトはもちろん、その合間には見たことのない大人がサッカーを楽しげに語っている。衝撃と言ってもいい。「こんなサッカー番組が世の中にあるのか」と思った。オープニングとエンディングで使われていた映像も音楽も、スタイリッシュでカッコよかった。番組の名前は『WORLD SOCCER NEWS Foot!』という。

そこからは毎週金曜日の夜に、その番組を見るのが1週間で一番の楽しみになった。当時の自分は付き合いの悪い大学生だったかもしれない。何せ金曜の夜の誘いはほとんど断って、毎週のように狭いアパートの一室でニヤニヤしていたのだから。それぐらい、その番組はキラキラした魅力に溢れていた。視聴を開始してからの2年間は、おそらく1度たりとも放送を見逃していない。

サッカーの仕事をすることしか考えていなかった私は、当然のようにJ SKY SPORTS(当時)の採用試験に応募した。それまで1つの内定も獲得できていなかった大学5年生は、運よく2次面接までこぎつける。ひたすら『Foot!』への想いを熱く語ったのち、就職活動で唯一の内定を12月末に勝ち獲ることになる。2次面接の時。暑苦しい熱弁に唯一食い付いてくれた面接官が『Foot!』のプロデューサーだったことは、しばらく後に知った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サッカー フットサルを応援しよう!

サッカー フットサルの放送・配信ページへ