人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サッカー フットサル コラム 2019年5月22日

【FIFA U-20ワールドカップ 日本代表インタビュー】どんな形であれ、結果という部分にこだわってやっていきたい~横浜FC・斉藤光毅~

土屋雅史コラム by 土屋 雅史
  • Line
どんな形であれ、結果という部分にこだわってやっていきたい~横浜FC・斉藤光毅~

常に自らが立つ今のその先を見据えてきたことは、まっすぐな視線からも十分すぎるほど理解できる。「目の前のことを1つ1つやって、それを乗り越えた先には新しい景色とか、新しい舞台が待っていると自分の中では思っているので、まずは目の前のことを1つ1つ全力でやりながら、見えてきたら獲り続けていくことを自分は考えています」。横浜から世界へ。未来を懸けた斉藤光毅の大いなる挑戦が幕を開ける。

2017年。FIFA U-17ワールドカップのメンバー入りを果たしていた斉藤は、決戦の地であるインドへと飛び立った後に、もともと抱えていた負傷が悪化したため、チームを離脱するという経験を味わった。「メッチャ悔しかったですね」。その一言に様々な心情が凝縮される。16歳の無念は察して余りある。

J SPORTS 番組情報

ただ、経験を無為に終わらせる若者ではない。目前で絶たれた世界への想いを自らのエネルギーに変える。「もともと全力でやっていたのでサッカーに対する意欲はありましたけど、よりハングリー精神が出てきたというか、もっともっと成長したいという向上心は湧いてきましたね」「世界に懸ける想いも一段と強くなりましたし、ケガが治ってからその悔しい想いもあって、もっともっと満足しなくなったというか、あの経験があって、もっともっと上を見れるようになれたかなとは思います」。繰り返される『もっともっと』。これが斉藤の携えた本質を表すキーワードであることは間違いなさそうだ。

今回はアジア予選を勝ち抜き、自ら手繰り寄せた世界大会という側面もある。「難しい試合がすべてでしたし、どこも世界の切符を勝ち獲ろうと全力で来ますし、そういうバチバチの強度の中でプレーできたことは自分にとって価値のあるものでした。自分は3点取れて、その結果は自信を持つことができましたけど、世界大会に出られるという喜びと、絶対メンバーに入らなくちゃいけないという危機感と、そういう気持ちが同時に来ましたね」。予選を戦ったからこそ、より本大会への想いも強くなった。それは彼の周囲も同様である。「今回のメンバーに選ばれて、家族も喜んでいましたね。自分と同じくらい喜んでいたと思います」。家族はもちろん、数多くの彼を信じる人たちの存在が斉藤の今を支えている。

J SPORTS オンデマンド番組

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧