人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

サイクル ロードレース コラム 2024年2月15日

「J SPORTSオンデマンド」徹底活用術~サイクルロードレースを滞在先でも大画面視聴! 風呂でも実況を堪能!

自転車雑談 by 森田秀一
  • Line

 


1月16日開幕のツアー・ダウンアンダーを皮切りに、J SPORTSでの2024年サイクルロードレース中継が本格スタートした。2月にはUAEツアーなど中東エリアでレースが目白押し。そして3月は2日からストラーデ・ビアンケ、3日からパリ~ニース(全8戦)と、ヨーロッパ圏での大会が幕を開ける。ファンの皆さんは本番に向けて肩を温めはじめる時期だろうか……いや野球じゃないから、サドルの位置を決め始めるとか、ペダルに注油するとか? まぁ、とにかく中継が楽しみということだ!

さて、海外のサイクルロードレースは、時差の関係でとても視聴しやすいというのが前回のお話。そしてもう1つ、中継時間の長さも大きな特徴だ。

毎レースとも2時間超えは当たり前。そしてツール・ド・フランスでは、毎日4時間の中継が3週間続く。ワンデーレース最高峰の世界選手権だと競技時間が6時間だ。もちろん、単純にテレビの前に座りっぱなしで見るのも悪くはないが、ちょっとの工夫を加えれば、長時間の中継がさらに楽しく、そして快適になる。

そこで今回は、マルチデバイス対応動画配信サービス「J SPORTSオンデマンド」の鑑賞にあたって、筆者が日々実践している視聴スタイルを2つご紹介したいと思う。直接的にマネする必要はないが、「自分だったらこうする!」と考えるキッカケになれば幸いだ。

J SPORTS オンデマンド番組情報

●旅先のホテルにFire TVを持ち込む

絶対に見たいレースが中継される当日、出張であったり、あるいは観光旅行でホテルに泊まるとなった時、皆さんはどうするだろうか? 恐らくは、スマホで「J SPORTSオンデマンド」アプリを立ち上げて中継を視聴することになるだろう。

 

筆者が旅行先へよく持っていく「Fire TV 4K Stick Max(第1世代)」。本体(下段中央)のほか、リモコン、HDMI延長アダプター、USB電源アダプター、Micro USB電源ケーブル、この5点があれば、とりあえずホテルのテレビに繋いで「J SPORTSオンデマンド」を楽しめる。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
サイクル ロードレースを応援しよう!

サイクル ロードレースの放送・配信ページへ