人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 PR 2024年7月9日

【7/24~8/11の放送予定】夏休みはMLB!放送でメジャーリーグベースボールを見るには|カブス前半戦総括

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

チームのエース格となっている今永昇太(カブス)

予想外の状況でシーズンの前半戦を終えようとしているカブスは、今季MLBにおいて、悪い意味で最も期待を裏切っているチームの1つと言えるだろう。

本記事では、カブスの前半戦総括とMLB(メジャーリーグベースボール)を視聴する方法ついて紹介する。

J SPORTS 放送情報

カブス前半戦総括

シーズン開幕前、敏腕クレイグ・カウンセルの監督招聘と、昨季大復活を遂げたコディ・ベリンジャーとの再契約に成功したカブスには、かなりポジティブな空気が取り巻いていた。

実際、レギュラーシーズン開幕からしばらくは下馬評通りの強さを発揮し、ルーキー左腕の今永昇太が快投した現地5月1日のメッツ戦終了時点で、貯金を7(19勝12敗)とすると、その後は5月中旬まで貯金5~7を維持する安定した戦い振りを見せていた。

しかし、5月22日からの5連敗で勝率を5割に落とすと、5月30日の敗戦で28勝29敗とし、遂に借金生活に突入。以後は、長いトンネルから脱出できず、現地7月4日現在、40勝48敗でナショナル・リーグ中地区最下位に位置するまさかの展開になった。

このスランプの期間について、6月末にジェド・ホイヤーGMは「2週間が4週間となり、それが6週間、そして8週間となって行った感じだが、それが現実だ」と述べているが、地区首位のブルワーズとは13ゲーム差で、ワイルドカード枠とは6ゲーム差となっている。

この時点でのデータサイト『ファングラフス』によるオッズでは、地区優勝が1.1%、ワイルドカード獲得が3.9%、そしてプレーオフ出場が5.0%となっている。ちなみにナ・リーグのプレーオフ進出オッズで、カブスを下回るのは0.9%のナショナルズ、そして共に0.0%のマーリンズとロッキーズの3球団のみ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ