人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2023年9月5日

鈴木誠也、プレーオフ争い直接対決で2安打1本塁打3打点の活躍

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

鈴木誠也(カブス)

現地9月4日(日本時間5日)、本拠地リグレーフィールドで行われたジャイアンツ戦に「6番・右翼」でスタメン出場したカブスの鈴木誠也は、0-0で迎えた2回に先制の今季15号ソロ本塁打を放ったほか、1-0で迎えた7回には適時二塁打を放つなど、4打数2安打3打点の活躍でチームを5-0の勝利へ導いた。

これで目下ナショナル・リーグ中地区2位につけるカブスは、首位ブルワーズとのゲーム差を2.5ゲームに縮めるとともに、現在2番手につけるワイルドカード争いでは、カブスを追うダイアモンドバックスとレッズとの3ゲーム差に加え、マーリンズとの3.5ゲーム差もキープし、さらに直接対決で下したジャイアンツとの差を4ゲームとした。

◆試合結果
ジャイアンツ|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
カ ブ ス |0 1 0 0 0 0 2 2 X|5

現地放送では鈴木が7回に二塁打を放った際、この試合に先発したジャイアンツの若きエース、ローガン・ウェブに対し、カブスの最初の2点を和製スラッガーが自らの打棒で稼ぎ出したことから、「1人だけの破壊部隊状態になっている」と表現した。

また、現地紙『シカゴ・サンタイムズ』は試合後、電子版に「カブスのセイヤ・スズキは『とても良い』感じで、ジャイアンツ相手に3打点」と題した記事を掲載し、その冒頭で、「2回のセイヤ・スズキ外野手によるソロホームランは、月曜の試合の大部分でカブスがジャイアンツに先行した唯一のリードとなった」とした。

その上で、「その後、カブスが5-0で勝利した試合の終盤に追加点を挙げた際も、スズキは引き続き重要な場面で活躍した」と伝え、「スズキはホームラン、二塁打、そしてフィルダースチョイスでカブスによる5点のうちの3打点をマーク」と、この日の鈴木のパフォーマンスを振り返った。

さらに記事では、「彼は5試合連続安打中であり、一時的にスタメンを外れた後、レギュラー復帰を遂げた8月9日以降は打率を.337としている」と、具体的な数字で鈴木の好調ぶりを伝えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ