人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2023年8月28日

鈴木誠也、プレーオフ進出に向けてチームとともに驀進中

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

鈴木誠也(カブス)

シカゴの和製スラッガーは現地8月27日(日本時間28日)、敵地PNCパークでのパイレーツ戦に「5番・右翼」でスタメン出場すると、5回の第3打席に適時二塁打を放つなど、3打数2安打1打点2得点2四球と躍動し、チームによる10-1の大勝に貢献した。

◆試合結果
カ ブ ス|1 0 0 2 3 0 0 1 3|10
パイレーツ|1 0 0 0 0 0 0 0 0| 1

『MLB.com』でカブスを担当するジョーダン・バスティアン記者は試合後、「数ゲーム休んだ後、スズキが打席で威風堂々としている」と題したレポート記事を投稿し、試合後のロッカールームで、チームメイトのコディ・ベリンジャーとジェイマー・キャンデラリオが、鈴木を讃えるチャントを歌った光景を綴った上で、「スズキが高いレベルでパフォーマンスを見せると、カブス打線は危険な様相を帯びてくる」と伝えた。

さらにバスティアン記者は、「スズキのチームメイトは、彼が試合後にスポットライトを浴びる番になったことを楽しんでいるが、それよりも、彼がフィールド上でより楽しむようになったことが、大きな進展となっている」と続けた。

その上で、「それは二塁打2本と2四球で4度出塁しつつ、2得点したスズキを目の当たりにしたパイレーツとの試合でも続けられ、彼はこれで連続安打をキャリア最高の10試合に伸ばした」と、この日の鈴木のプレーを簡単に振り返った。

そして、デビッド・ロス監督の「彼が好調の波に乗る、このちょっとした連続期間は見事なものだ。彼は攻撃面で良いスイングができ、自信を持っていると、その他の部分もつられてレベルアップする。それは単に、より自由にプレーできており、自分自身に自信を持つことで、このゲームに喜びを感じ、フィールド上で楽しめているからだと思う。我々はそういうタイプの選手を必要としているんだ。彼は本当に良いね」とのコメントを伝えた。

記事では、監督から鈴木について「喜び」や「自信」という言葉が出るようになった転機は、メジャー2年目の鈴木がスランプの真っ只中になった8月初旬に、4試合連続でスタメンから外れたことにあるとしており、バスティアン記者は、「監督は選手を試合の『競争モード』から外すと、時として下向きのスパイラルを逆転させることができると述べた」と伝えた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ