人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月19日

【ハイライト動画あり】トヨタ自動車、エースのアクシデントを乗り越えて日本製鉄かずさマジックに完封勝利。都市対抗野球 1回戦

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

トヨタ自動車 vs. 日本製鉄かずさマジック

第93回都市対抗野球大会は7月18日に開幕し、本日が2日目。第3試合はトヨタ自動車(豊田市)と日本製鉄かずさマジック(君津市)の対戦になった。

第93回 都市対抗野球大会

トヨタ自動車はエースの右腕・吉野光樹が立ち上がりから好投。打線は2回裏、2四球で一死1・2塁のチャンスを作ると、9番・和田佳大のファーストゴロから相手の悪送球を誘って1点を先制する。

ほぼ完璧な内容を見せていた吉野だが、アクシデントで4回途中に治療を受ける。4回を被安打ゼロ、7奪三振で投げ切ったものの、勝ち投手の権利を得ずに降板してしまう。一方、かずさマジックの先発を任された技巧派右サイドハンド橘朋晃も自責点ゼロの好投を続け、緊迫した投手戦が続く。

ただ、トヨタ自動車は難しい状況で起用された2番手の右腕・渕上佳輝がチームを救う快投を見せた。5回に初ヒットを許したものの、6~8回は相手打線を三者凡退に打ち取って打線の援護を待つ。

するとトヨタ自動車は8回裏、この回から投入されたかずさマジックのリリーフ陣を打ち込む。3番・多木裕史が無死から二塁打で出塁し、4番・逢澤崚介バントで送って一死3塁のチャンス。二死になったものの代打・小河諒がレフト前にタイムリー安打を放ち、貴重な追加点を挙げる。

2-0となった9回は、3番手投手の右腕・嘉陽宗一郎が2人の走者を許しつつ零封。トヨタ自動車が3投手の継投で相手打線を2安打に封じ、2-0と勝利している。

◆試合結果

日本製鉄かず|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
トヨタ自動車|0 1 0 0 0 0 0 1 X|2

◆投手

・日本製鉄かず:●橘朋晃、深田慶太郎、国本達樹、山本晃希
・トヨタ自動車:吉野光樹、○渕上佳輝、嘉陽宗一郎

文:大島和人

都市対抗野球2022

【ハイライト】1回戦 トヨタ自動車 vs. 日本製鉄かずさマジック

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ