人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年7月18日

【ハイライト動画あり】開幕戦は前回優勝の東京ガスがJR東海に勝利。益田武尚の完封で鬼門の初戦を突破。都市対抗野球 1回戦

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

東京ガス vs. JR東海

第93回都市対抗野球大会が今日、7月18日に開幕した。開催が夏に戻り、応援の制限も大きく緩和され、「いつも」の雰囲気が東京ドームに戻ってきた。

第1試合はJR東海(名古屋市/東海第2代表)と、前回大会優勝の東京ガス(東京都/推薦)が対戦。試合は両先発の好投で投手戦となる。

第93回 都市対抗野球大会

東京ガスの先発・益田武尚は前回大会の準々決勝のENEOS戦に先発したものの、脇腹を痛めて1球で降板した悔しい記憶を持つ。しかし、この日は立ち上がりから万全の内容で、入社2年目で大幅にレベルアップした姿を見せた。最速151キロを記録した速球はもちろん、変化球の精度も高く、何より制球が安定していた。

JR東海の先発・戸田公星も初回からベテランらしい安定した内容を見せる。試合が動いたのは5回裏。東京ガスは無死から7番・相馬優人がライトにソロ本塁打を放ち先制。戸田は6回一死で降板し、リリーフ陣にマウンドを託す。一方の益田は奪三振こそ「5」にとどまったが、詰まったフライやゴロを丁寧に打たせて失点を許さない。

そして8回裏、東京ガス打線はJR東海を一気に突き放す。4番手の近藤均をとらえてチャンスを広げると、一死満塁から代打・建部賢登がレフト前に2点タイムリー安打。さらに6番・冨岡泰宏がセンターに犠牲フライを放ち、4-0とリードを広げる。

益田は三塁さえ踏ませぬ完璧な内容を見せて、9回を114球で5安打完封。主将の笹川晃平が負傷で交代するアクシデントもあり、苦しい展開ではあったが、東京ガスが前年度優勝チームにとって「鬼門」の1回戦を突破した。

◆試合結果

JR東海|0 0 0 0 0 0 0 0 0|0
東京ガス|0 0 0 0 1 0 0 3 X|4

◆投手

・東京ガス:○益田武尚
・JR東海:●戸田公星、川本祐輔、喜久川大輔、近藤均、古田尚平

文:大島和人

都市対抗野球2022

【ハイライト】1回戦 東京ガス vs. JR東海

大島 和人

大島 和人

1976年神奈川県で出生。育ちは埼玉で現在は東京都町田市に居住。早稲田大学在学中にテレビ局のリサーチャーとしてスポーツ報道の現場に足を踏み入れた。卒業後は損害保険会社などの勤務を経て、2010年からライター活動を開始。現在はサッカーやバスケ、アマチュア野球など多彩なボールゲームの現場に足を運んでいる。Twitter(@augustoparty

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ