人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年4月27日

【広島好き】先週のMVPは悪い流れを断ち切ったエースとプロ初サヨナラ打のあの選手。『週刊カープいいとこどり』4月19~24日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

プロ野球2022公式戦

【ハイライト】4月24日(日)広島 vs.横浜DeNA

それでも、降格したその日にタイムリーを含む2安打を放ち、押し出し四球も選んで2打点。24日には延長10回、同点に追いついた直後の1死満塁の場面で、初球をフルスイングしてセンター後方へプロ初のサヨナラ打となる犠牲フライを放ちました。

ルーキーイヤーから、守備でミスをしても打撃で挽回する図太さや、常に初球から振っていく積極的な姿勢など、大器の片鱗を伺わせていた小園ですが、今季は佐々岡真司監督が我慢の起用を続けています。昨季惜しくも逃した打率3割へ、復調のきっかけとして欲しいプロ初の一打に期待の意味も込めて、週間MVPとしたいと思います。

投手陣は、遠藤淳志以外の5投手がいずれも5回以上を投げて3失点以内と、相変わらず先発投手の安定した投球が続いています。前回登板でプロ入り後ワーストの2回8失点で降板した森下暢仁もDeNA戦で7回無失点とさすがの修正を見せました。

リリーフ陣では、24日の試合で同点の9回に登板して1イニングを無失点に抑えた栗林良吏がプロ初ホールドを記録。ルーキーの松本竜也とプロ6年目の矢崎拓也は、ともに巨人戦で2試合に登板して無失点の投球を見せています。

投手の週間MVPに選出したいのが、DeNA戦で9回途中1失点と好投して勝利投手となった大瀬良大地。巨人戦3連敗の悪い流れを断ち切る投球は、まさにエースと呼ぶにふさわしいものだったと言うべきでしょう。

同一カード3タテの裏表となった1週間。強いのか弱いのか、よくわからなくなってきましたが、ひとつ、確信したことがあります。今季、ここまでマツダスタジアムでは11試合で9勝2敗の勝率8割超え。

観客数の入場制限もなくなり、スタンドが真っ赤に染まったホームでは、やっぱり強いということです。まだ声は出せずとも、この“観客パワー”があれば、今年は期待してもいいかもしれません。

文:大久保泰伸

広島東洋カープ×J SPORTS 球団公認コミュニティサイト「カープ“愛”倶楽部」

  • 会員募集中!

    「選手インタビュー」「二軍情報」「カープ愛あふれる写真募集のコーナー」「マツダ スタジアム観戦チケットプレゼント」「選手直筆サイン入りプレゼント」「選手への質問コーナー」などファン必見の特別コンテンツや特典をお届けします。

大久保泰伸

フリーライター、編集者。1969年広島市生まれ、現在は神奈川県在住。出版社勤務を経て、20世紀の終わり頃に独立。別冊宝島野球シリーズの執筆、編集や広島などのOBの著書の編集協力などを行い、同社のプロ野球選手名鑑は創刊時から現在まで関わる。記者活動は2009年にベースボール・タイムズ紙の広島担当でスタートし、15年から野球専門サイトのフルカウントで広島、18年からはDeNA担当も兼務した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ