人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年12月2日

第2試合から2回戦に突入。オリックス指名の2投手にも注目。都市対抗野球大会6日目・12月3日(金)のみどころ

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

大会6日目、第2試合から2回戦

11月28日(日)に開幕した第92回都市対抗野球大会。12月3日(金)の第2試合から、大会はいよいよ2回戦に入る。

◆10:00 TDK(にかほ市)vs. 西部ガス(福岡市)

TDKは好投手が揃う。小木田敦也はオリックス・バファローズの7位指名を受けた右腕。150キロ台の速球、変化球、制球力と投手に求められる要素をおおよそ持ち合わせた好投手だ。高卒5年目の指名となったが、コンディションさえ万全ならもっと早く、もっと上の順位でプロ入りしていただろう。

オリックス7位指名の小木田敦也(TDK)

鈴木大貴は昨年の1回戦・日本新薬戦に先発している右サイドハンド。言葉では説明の難しい変則フォームから、最速154キロの速球を投げ込む。高卒3年目の左腕・佐藤開陸は165センチの小兵ながら、キレの素晴らしい速球、スライダーを投げ込む。さらに補強選手で元巨人、元セガサミーの田中太一(能代松陵クラブ)も加わり、投手陣は誰が出ても要注目だ。

野手は1番センターの北畠栞人に注目。彼も166センチの小兵だが、走攻守ともレベルが高く、東北2次予選は打率4割とリードオフマン役割を果たした。三河聖央は予選で打率5割を記録している巧打者。昨年の1回戦も3打数2安打を記録している。

第92回 都市対抗野球大会

西部ガスは昨年の第91回大会でベスト8入りしているチーム。村田健は27歳で、昨年の第91回大会は2勝を挙げている右サイドの本格派だ。最速152キロの速球に加えて、変化球の球種も多い。九州2次予選は2試合に登板し、いずれも完投。第2代表決定戦はJR九州を相手に完封勝利も挙げている。

大畑蓮は高卒2年目ながら、既に都市対抗デビューを果たしている右腕。彼も150キロ台の速球を持ち、将来有望だ。打線の柱は米澤健太郎。昨年の都市対抗は3試合で8打数5安打と大暴れした187センチ・97キロの右打者だ。今年の2次予選でも打率.385、2打点と主軸の役割を果たしている。

香田誉士史監督は駒大苫小牧高校の監督として2004・05年の全国高等学校野球選手権大会を制している。2006年にも田中将大を擁して早稲田実業高校と決勝で延長15回の名勝負を演じた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ