人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月14日

【ハイライト動画あり】慶應義塾大学、投打で圧倒し、34年ぶり4度目の栄冠を掴む。全日本大学野球選手権

野球好きコラム by 慶應スポーツ新聞会
  • Line

優勝を果たし、喜びを爆発させる選手たち

慶應義塾大学は初回、正木智也(政4・慶應)が2試合連発の2点本塁打を放ち先制する。4、5、6回にも着実に追加点を重ねると、9回には渡部遼人(環4・桐光学園)の適時打、下山悠介(商3・慶應)の3点本塁打で合計13点を奪った。

投げては先発・増居翔太(総3・彦根東)が6回2失点と好投すると、2番手・生井惇己(総3・慶應)も2回を0に抑える好救援。最後は守護神・橋本達弥(環3・長田)が圧巻の三者連続三振に抑え、全日本大学野球選手権優勝に輝いた。

J SPORTS オンデマンド番組情報

ここまで苦しみながらも全国の舞台で勝ち上がってきた慶大。34年振りの頂点を前に一戦必勝で臨んだ福井工業大学との決勝戦、初回から正木のバットが火を吹いた。

2死一塁で打席を迎え、真ん中低めの直球を振り抜くと打球はバックスクリーン右へ。初回から大きな2点を刻み込んだ。2、3回は無得点だったが4回。今日は5番に抜擢された北村謙介(総3・東筑)が左二塁打を放ち、犠打で1死三塁とすると7番・橋本典之(環4・出雲)が犠飛を放ち追加点。その後、相手の失策などもあり得点を重ね、5回までに6点を奪った。

2戦連発となる先制本塁打を放った正木

慶大の先発は準々決勝・関西学院大学戦で先発した増居。中2日での登板ながら快投を見せる。140キロ台中盤の直球と緩い変化球を組み合わせ、福井工大打線に的を絞らせない。

4回まで1安打4三振と隙を与えない投球を披露していたが、疲れがみえてきた5回。1死から四球で走者を許すと、続く1番・佐藤勇斗(環4・福井工大福井)に右二塁打を打たれ失点してしまう。さらに3番・長峯樹生(環4・豊橋中央)にも左翼への適時打を浴びるも、後続を打ち取り2失点で切り抜けた。

生井が気迫の投球を披露

4点差となって迎えた6回、安打と四球で2死ながら二、三塁のチャンスを作ると、正木が今日3安打目となる右安打を放ち、2点を追加した。先発増居が6回2失点と先発の役割を果たすと、7回からは今大会初登板となる生井がマウンドに上がる。キレの良いスライダーと150キロに迫る速球で打者を圧倒。2イニングを投げ無安打と素晴らしい投球内容で起用に応えた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ