人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月10日

【横浜好き】鬼門の交流戦、2週目も勝ち越し。「週刊ベイスターズいいとこどり」6月1日~6日号

野球好きコラム by 大久保泰伸
  • Line

左から桑原、宮崎、牧

ソフトバンク、ロッテとパ・リーグのAクラスチーム相手に勝ち越し、4カードが終わって負け越しなしで、中日と並び交流戦首位。リーグ戦の順位でも、5位・広島の背中が近づいてきた。何かが変わってきた6月。いいところ満載だった先週のベイスターズを振り返っていきましょう。

通算成績が17勝40敗2分、8年連続負け越しと最も苦手としているソフトバンクとの3連戦は、いずれもロースコアで1点を争う好ゲームとなった。

終盤に試合をひっくり返した初戦のヒーローは牧秀悟。先制タイムリーから決勝の2点二塁打まで、4打席全てで安打を放って3打点の活躍だった。宮崎敏郎が反撃の口火を切るタイムリー二塁打。オースティンは来日初盗塁をマークした。

投手陣は2番手以降の4投手が無安打無失点リレー。平田慎吾が1イニング、国吉祐樹が2イニング、8回を抑えた三上朋也が勝利投手となり、最後は守護神・三嶋一輝が締めた。

息詰まる投手戦となった第2戦は、先発した中川虎大が6回まで併殺崩れの間の1失点のみの好投。7回からはエスコバー山崎康晃、三嶋のリレーで無失点に抑えた。

野手では桑原将志が先制点につながる二塁打を含む2安打に、守備でも左中間への当たりをダイビングキャッチするなど、再三の好守でピッチャーを助けた。オースティンがこの日唯一の得点となるタイムリー安打を放ち、ソトはマルチ安打を記録した。

9年ぶりのソフトバンク戦勝ち越しを決めた3戦目は、オースティンが来日初登板のレイから初回に先制の3ラン本塁打。先発野手全員安打を記録したが、試合を決めたのは同点に追いつかれた直後の7回、二塁打で出たソトをレフトフェンス直撃のタイムリーで返した大和の一打だった。守備ではこの日も桑原のファインプレーが勝ちにつながった。

投手陣は、先発した坂本裕哉が粘りの投球で6回無失点。同点弾を浴びるも、打線の援護でエスコバーが今季2勝目、勝ち越し後は山崎、三嶋がホークスの反撃を許さなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ