人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月18日

ダルビッシュ有、7回4安打無失点に現地メディアが絶賛

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

これで4勝1敗、防御率1.81

パドレスのダルビッシュ有は5月17日(日本時間18日)、本拠地ペトコパークでのロッキーズに先発登板し、7回を投げ4安打無失点の快投で今季4勝目を挙げた。

10奪三振と圧巻の投球を見せた右腕について、現地局『CBSスポーツ』は同日付で電子版に掲載した速報記事で、「今季のダルビッシュは完全に支配的であり、彼は2試合連続で無失点の登板をこなした」とした。

さらに、「実際のところ、彼は今季先発登板した試合で、2試合を除いて失点を「1」以下に抑えており、今季は54回2/3を投げ、防御率を人並みはずれた1.81としている」と伝えた。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

一方、地元紙『サンディエゴユニオントリビューン』は、同日付で電子版に掲載した記事の中で、ほぼ完璧な投球を見せた右腕について、「ユウ・ダルビッシュは自分の役目を果たし、ブルペンに休養を与えた」と評価。

さらに、クオリティスタートを続けるエースについて、「ダルビッシュは今月パドレスで初めて6回を投げ切った選手となったが、彼は(この試合まで)最低6回以上投げ切った最後の先発投手でもあった」と讃えた。

記事によると、この日のダルビッシュの投球について、チームを率いるジェイス・ティングラー監督は、「完全なるエースが、極めて素晴らしい投球を見せ、かなり手強い打線を制圧したのが良かった。こういうのはしばしば起こる物ではないから、こういう夜は楽しむしかないよね」と述べたとのこと。

また、『MLB.com』でパドレスを担当するAJ・カッサベル記者は、同日付で投稿した記事の冒頭で、「メジャーにやって来たその瞬間から、ユウ・ダルビッシュはこのスポーツにおけるエリート投手の一員だった。しかし、2020年に彼は自身のゲームを異なるレベルに押し上げた」。

「ダルビッシュは野球界で傑出したエースとして、テレビで必見のスター選手の1人となった。彼はナショナル・リーグのサイヤング賞投票で2位となり、同賞受賞へ名乗りを上げた」と前置きした。

その上で、「これだけでも至難の偉業であろう?しかし、12月にカブスからパドレスへトレードされて以降、ダルビッシュは1年前よりもさらに良くなってさえいるのだ」と手放しで称賛した。

さらにカッサベル記者は記事の中で、「スプリングトレーニング以降、何かがしっくりきていなかったけれど、今夜はマウンドですべてが上手く行った」というダルビッシュのコメントを引用した。

そして、「そうなのだ、ダルビッシュは10年近くメジャーリーグでエースとして君臨しながら、34歳にしてまだより良くなり続けているのである」との言葉で、エースの快投を伝える記事を結んだ。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ