人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年5月17日

【中日好き】勝野昌慶、ヒントは常に身近にある

野球好きコラム by 森 貴俊
  • Line

勝野昌慶(写真:球団提供)

今シーズンの開幕前、勝野昌慶は大きな問題を抱えていた。

「球威が戻らない」。

勝野の持ち味は150を超えるストレート。それが軸となり、落差の大きなフォークが生きてくる。開幕ローテは掴んだものの、勝野はもがいていた。

「腕がスムースに振れない。原因がわからなかったんです」。

浅尾2軍投手コーチから「下半身の潰れ」を指摘された。足を上げる際、少し後傾になっていたため、力が上体に伝わっていなかった。球威は若干の改善は見られたが、勝野の中にはまだ違和感が残っていた。

感覚が戻るきっかけは不意に訪れた。

J SPORTS 放送情報

4月、大島洋平が打撃不振に苦しむ平田良介にアドバイスをしていた。勝野は何気なくその会話に耳をそばだてた。

「大島さんが平田さんに骨盤の意識の話をしていたんです。最初は盗み聞きでしたけど。聞いていると、あれ?大島さんが言っている事は、僕の考えと逆だな思いました」。

大島は骨盤の前傾を話していた。結果、平田はバットが身体の後ろに隠れ、出てこない。勝野も同じだった。体重移動後、上半身に右腕が隠れ出てこない。腕がなぜ前に出ないのか、勝野自身その違和感は感じていた。

「あ、これかも!と思いました。そこから大島さんに詳しく話を聞いて、セットに入った姿勢を見直しました。さっそく練習で実戦したらスムースに腕が出てくる。腕がパーンと振れるような感じになったんです。腕ばかりを意識していたんですが、骨盤への意識でかなり変わりました」と話す。

振れない腕を懸命に振ろうとしても振れる状態でなければダメだ。骨盤の位置を意識することで勝野のフォームは腕を振る状態に変化した。現在、勝野のストレートは球威を取り戻しつつある。

フォークの使い方も広がった

ストレートに苦しんだ分、副産物も得た。フォークの使い方が大幅に広がった。決め球とカウント球、2種類のフォークを使い分ける。さらにそれを左右のコーナーへ投げ分ける。

勝野は「去年まではこんな使い方はしていませんでした。ベース盤の上で振らせるフォークでした。阿波野投手コーチからの提案もあり、キャッチャーと話をして、新しい使い方をしています。投球の幅は広がりましたね」と話す。ストレートで押し切れない分、新しい幅を取得し進化した。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ